こんにちは、家庭教師のSora代表のまさです。

 

今回は、札幌および札幌近郊の街にある高校に絞って、内申点がDランクあれば合格できる可能性が比較的高い公立高校をまとめました。

 

※あくまでも目安として捉えてください。

 

スポンサーリンク



内申点がDランクとは

Dランクとは、中学3年間の学年末の評定がオール4が目安です。

 

より正確に言うと、内申点が236点〜256点の間にあるときDランクになります。

 

内申点は、北海道学力コンクールの『内申点計算フォーム』で分かります。

 

北海道の場合、内申ランクに応じて、行ける高校がおおよそ決まってしまいます。

 

私は中1でJランクでしたが、最終的にGランクの一番下に上げ、当時偏差値50の高校(札幌西陵高校や江別高校レベル)に合格しました。

 

その後予備校に通って猛勉強して、信州大学工学部に現役合格しました。

 

信州大学の同期の出身高校は、札幌で言うと東西南北・旭丘・月寒レベルばかりでした。

 

数は少ないですが、以下の内申点Dランクで入れる高校のレベルの子もいた感じです。

Dランクで合格可能な札幌と札幌近郊の公立高校

話が逸れましたが、内申点がDランクあれば合格出来る可能性が比較的高い高校をまとめます。

 

大手集団塾のニスコさんが公表している資料を用いて紹介します。

 

北大学力増進会さんでもボーダーラインが公開されています。

 

しかし、増進会さんの資料はボーダーラインが高めに出されています。

 

ここでは、ボーダーラインが易しめに出されてるニスコさんの資料を使用していきます。

岩見沢東高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、岩見沢東高校のボーダーは以下のとおりです。

<岩見沢東高校のボーダー>

Bランク 158点

Cランク 172点

Dランク 184点

 

当社は、岩見沢東高校に生徒さんを合格させた経験があります。

>>岩見沢東高校の合格実績

 

岩見沢東高校は200点あれば普通に合格出来る高校ですが、大学合格実績は札幌旭丘高校にも負けていません。

 

非常にお買い得な高校なので、Dランクあるならこの高校がオススメです。

札幌藻岩高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌藻岩高校のボーダーは以下のとおりです。

<札幌藻岩高校のボーダー>

Bランク 178点

Cランク 190点

Dランク 196点

 

当社は、札幌藻岩高校に生徒さんを合格させた経験があります。

>>札幌藻岩高校の合格実績

札幌清田高校グローバル科(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌清田高校グローバル科のボーダーは以下のとおりです。

<札幌清田高校グローバル科のボーダー>

Bランク 168点

Cランク 188点

Dランク 210点

札幌手稲高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌手稲高校のボーダーは以下のとおりです。

<札幌手稲高校のボーダー>

Bランク 188点

Cランク 208点

Dランク 212点

 

当社は、札幌手稲高校に生徒さんを合格させた経験があります。

>>札幌手稲高校の合格実績

北広島高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、北広島高校のボーダーは以下のとおりです。

<北広島高校のボーダー>

Bランク 188点

Cランク 206点

Dランク 216点

 

当社は、北広島高校に生徒さんを合格させた経験があります。

>>北広島高校の合格実績

札幌月寒高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌月寒高校のボーダーは以下のとおりです。

<札幌月寒高校のボーダー>

Bランク 205点

Cランク 218点

Dランク 230点

札幌啓成高校理数科(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌啓成高校理数科のボーダーは以下のとおりです。

<札幌啓成高校理数科のボーダー>

Bランク 195点

Cランク 210点

Dランク 232点

Dランクで合格可能な北海道の高校

この他、北海道の高校で内申点がDランクあれば合格可能な高校は、以下のとおりです。

<Dランクで合格可能な北海道の高校>

小樽潮陵高校、滝川高校、旭川西高校、室蘭栄高校、苫小牧東高校、帯広三条高校、帯広緑陽高校、釧路湖陵高校、北見北斗高校

 

いずれも、その地域を代表する高校ばかりですね。

 

内申点がDランクあれば、多くの人が「優秀」だと思う高校に合格可能です。

 

しかし中堅国立大学以上に行きたいなら、これらの高校で上位1〜3割に入る必要がありますが。

当日点が高ければDランクで合格可能な札幌と札幌近郊の高校

北海道の公立高校では、学校裁量枠として、定員の15%をほぼ当日点のみで合否判定する枠があります。

 

Dランクでも学力があれば、Cランク以上がボーダーの高校に合格できる可能性があります。

 

ここでは、Dランクでも当日点で背伸びすれば入れそうな高校に絞って紹介します。

札幌西高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌西高校のボーダーは以下のとおりです。

<札幌西高校のボーダー>

Aランク 238点

Bランク 248点

Cランク 254点

 

当日点が270点(9割)あれば、Dランクでも辛うじて合格できると思われます。

札幌東高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌東高校のボーダーは以下のとおりです。

<札幌東高校のボーダー>

Aランク 230点

Bランク 242点

Cランク 250点

 

当日点が265点(8割5分)あれば、Dランクでも辛うじて合格できると思われます。

 

このレベルの高校の真ん中の順位で、小樽商科大学などの中堅国立大学に現役合格できるでしょう。

札幌旭丘高校(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌旭丘高校のボーダーは以下のとおりです。

<札幌旭丘高校のボーダー>

Aランク 225点

Bランク 240点

Cランク 248点

 

当日点が260点あれば、Dランクでも辛うじて合格できると思われます。

 

このレベルの高校の真ん中の順位で、北海道教育大学札幌校レベルの国立大学に現役合格できるでしょう。

札幌国際情報高校普通科(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌国際情報高校普通科のボーダーは以下のとおりです。

<札幌国際情報高校普通科のボーダー>

Aランク 215点

Bランク 230点

Cランク 242点

 

当日点が250点あれば、Dランクでも辛うじて合格できると思われます。

札幌国際情報高校国文科(裁量問題出題校)

ニスコさんの資料によると、札幌国際情報高校国文科のボーダーは以下のとおりです。

<札幌国際情報高校普通科のボーダー>

Aランク 205点

Bランク 218点

Cランク 238点

 

当日点が250点あれば、Dランクでも辛うじて合格できると思われます。

 

以上、Dランクで合格可能な札幌と札幌近郊の公立高校のまとめでした。

当社に興味があれば初回面談の申込みを!

当社はこれまで、100名以上の生徒さんを、志望校に合格させてきました。

 

当社の授業料は「1時間1,500円」と、相場の半額以下です。

 

当社に興味を持たれたら、ぜひ初回面談のお申込みを!

 

初回面談のお申込みは、こちらです。

 

>>初回面談お申込み