こんにちは、家庭教師のSora代表の空です。

 

〜〜〜〜〜〜

<当社の料金>

1時間1,500円+交通費 のみ

>>当社の料金について

〜〜〜〜〜〜

 

今回は、石狩管内の中堅公立高校のひとつ、大麻高校の入試情報を詳しく調べました。

 

スポンサーリンク




大麻高校の合格実績

当社の大麻高校の合格実績は、こちらです。

 

内申点Dランクで大麻高校を受験し入試点数190点と70点も上げて合格した教え子のはなし

大麻高校の概要

最初に、大麻高校の概要についてお話しします。

大麻高校のアクセス

★大麻高校のアクセスマップ

 

★大麻高校の住所・電話番号

住所:〒069-0847 北海道江別市大麻ひかり町2−2

電話番号:011-387-1661

 

>>大麻高校のホームページ

大麻高校の学科と定員

大麻高校には、全日制課程のみ用意されています。

 

大麻高校にある学科は、普通科のみです。

 

2020年入試の、大麻高校の定員と学校裁量枠は、以下のとおりです。

<大麻高校の学校裁量枠の詳細(2020年)>

定員 280人

推薦枠 56人

学力点重視(15%枠) 学力点:内申点=9:1

内申点重視(15%枠) 学力点:内申点=6:4

 

普通科の定員は280名で、定員の2割の56名が推薦で入学します。

 

大麻高校は人気のある高校なので、30名以上の学生が推薦入学確約書を提出して推薦が内定していきます。

3月の一般入試では、残りの250名の枠を争うことになると思ったほうがよいでしょう。

 

大麻高校には、内申点重視枠がありますが、個人調査書が必要です。

 

詳しくは、北海道教育委員会のページをご覧ください。

>>令和2年度(2020年度)公立高等学校入学者選抜における学校裁量についての実施予定一覧表

大麻高校の主な進学実績(進路)

2019年の大麻高校の大学進学(合格)実績は、以下のとおりです。

<大麻高校の進学実績(国公立大学)>

★医学部
防衛医科大 1名

★難関9大学
・北海道大学 1名(うち浪人1名)
→水産 1名(うち浪人1名)

★準難関大学
・千葉大学 1名(うち浪人1名)
・広島大学 1名
・首都大学東京 1名

★道内国公立大学(北大除く)
・小樽商科大学 5名(うち浪人3名、AO推薦1名)
・北海道教育大学 16名(うち浪人1名)
・室蘭工業大学 19名(うち浪人2名、AO推薦4名)
・北見工業大学 2名
・札幌医科大学 1名
・釧路公立大学 5名(うち浪人1名)
・はこだて未来大学 3名(うちAO推薦2名)
・札幌市立大学 4名(うちAO推薦2名)
・名寄市立大学 1名

道内国公立大学 現役49名(うちAO推薦11名) 浪人7名

★道外国公立大学
・弘前大学 8名(うち浪人3名)
・岩手大学 1名(うち浪人1名)
・秋田大学 2名
・山形大学 1名
・茨城大学 1名
・青森県立保健大学 1名
・高崎経済大学 4名(うち浪人1名、AO推薦1名)
・高知県立大学 1名
・金沢美術工芸大学 1名

国公立大学合計 現役67名(うちAO推薦12名) 浪人15名

 

<大麻高校の進学実績(私立大学)>

★準難関私立大学
・法政大学 2名
・中央大学 1名
・関西学院大学 1名

★道内私立大学
・北海学園大 97名(うち浪人1名)
・北星学園大 42名(うち浪人1名)
・藤女子大 18名
・天使大 6名

 

詳細は、大麻高校公式サイトにある以下のデータをご覧ください。

>>2019年大麻高校大学合格実績

これまでの大麻高校の大学進学(合格)実績

これまでの大麻高校の大学進学(合格)実績は、以下のとおりです。

 

★国公立大学合格者数(カッコ内は浪人数)

2018 2019
国公立大 74(20) 81(16)

 

★北大合格者数(カッコ内は浪人数)

2018 2019
北大 7(5) 1(1)

 

★小樽商科大学合格者数(カッコ内は浪人数)

2018 2019
小樽商大 12(3) 5(3)

 

★北海道教育大学合格者数(カッコ内は浪人数)

2018 2019
道教大 11(2) 16(1)

 

★道内国公立大学合格者数(北大除く)(カッコ内は浪人数)

2018 2019
道内国公立大 48(10) 56(7)

 

過去の大麻高校の大学進学(合格)実績の詳細は、こちらです。

>>【最新版】大麻高校の大学進学(合格)実績の詳細

 

石狩管内の中堅公立高校の過去5年間の大学進学(合格)実績の比較は、こちらです。

>>【最新版】過去5年間の石狩管内の中堅公立高校の大学進学(合格)実績比較まとめ

 

ワンランク上の、札幌旭丘・国際情報・月寒・北広島高校の過去5年間の大学進学(合格)実績の比較は、こちらです。

>>【最新版】過去5年間の札幌旭丘・国際情報・月寒・北広島高校の大学進学(合格)実績比較まとめ

 

さらにワンランク上の、札幌南・北・西・東高校の過去5年間の大学進学(合格)実績の比較は、こちらです。

>>【最新版】過去5年間の札幌東・西・南・北高校の大学進学(合格)実績比較まとめ

大麻高校の偏差値(レベル・難易度)

大麻高校の偏差値として、受験者数が最も多い2019年1月の道コン第5回のデータを用いて示します。

 

★合格可能性60%ライン

<大麻高校の偏差値(合格可能性60%ライン)>

Cランク 46

Dランク 49

Eランク 53

Fランク 56

 

★合格可能性98%ライン

<大麻高校の偏差値(合格可能性98%ライン)>

Bランク 49

Cランク 52

Dランク 56

 

他の公立高校の偏差値はこちらです。

>>【2019年版】道コン第5回偏差値(SS)で見る中上位公立高校の合格可能性まとめ

大麻高校のボーダーライン・合格ライン

偏差値といっても、なかなかピンとこないですよね。

 

重要なのは、大麻高校に合格するのに内申点と入試当日点がどのくらい必要なのかです。

 

ここで、大麻高校のボーダーライン(最低点)について書きます。

 

2019年入試の、大麻高校の道コンと大手3塾が発表したボーダーラインは、以下のとおりです。

 

★道コン

<道コンの大麻高校のボーダー(合格)ライン予想(2019)>

Bランク(内申点 285点) 123点

Cランク(内申点 265点) 143点

Dランク(内申点 245点) 163点

Eランク(内申点 225点) 166点

 

★練成会

<練成会の大麻高校のボーダー(合格)ライン予想(2019)>

Cランク 165点

Dランク 180点

 

★北大学力増進会

<北大学力増進会の大麻高校のボーダー(合格)ライン予想(2019)>

Cランク 170点

Dランク 180点

 

★ニスコ

<ニスコの大麻高校のボーダー(合格)ライン予想(2019)>

Cランク 168点

Dランク 180点

Eランク 192点

 

練成会・北大学力増進会・ニスコのボーダーライン予想は、高めに出されています。

 

対して、道コンのボーダーライン予想は、受験生の自己採点の結果をもとに作られており、かなりリアルな数字となっております。

 

2019年の他の公立高校のボーダーライン予想は、こちらです。

>>2019年北海道公立高校入試ボーダーライン

 

大麻高校を受験するなら、Dランクはあったほうがよいでしょう。

当社が担当した生徒さんも、全員Dランク以上で大麻高校に合格しています。

 

内申点がCランクなら、入試当日点が300点満点中180点(6割)ほど取れれば、余裕を持って合格できるでしょう。

 

ところで、大麻高校は学校裁量枠で、定員の15%を「学力点:内申=9:1」で取ります。

入試当日点200点(約6割5分)ほど取る自信があるなら、内申点がEランクの生徒でも合格の可能性があります。

大麻高校は裁量問題が出題されるが恐れる必要はあまりない

北海道の公立高校の入試問題は、裁量問題と標準問題の2パターンがあります。

 

大麻高校では、入試問題として裁量問題が出題されます。

 

裁量問題では、国語・数学・英語で、やや難しい応用問題が出題されます。

理科と社会は、易しい標準問題が出題されます。

 

大麻高校で裁量問題が出ると言っても、恐れる必要はあまりないと思います。

 

裁量問題の占める得点は約60点ほどです(国・数・英で約20点ずつ)

残り240点は易しい標準問題です。

 

標準問題を8割取れる学力があれば、それだけで約200点になります。

裁量問題が全く出来なくても大麻高校のボーダーラインに届くのです。

 

標準問題8割は、問題集1冊をきっちりマスターし、入試過去問を8年分暗記すれば、取れない点数ではないでしょう。

 

というかこのくらい勉強すれば、裁量問題も半分は解けるはずです。

 

なお、大麻高校の入試では、面接は課せられません。

学校裁量枠で調査書が使われることもありますが、基本は学力テスト一本勝負になります。

大麻高校合格者の内申点分布

北海道高校ガイドブック 2020年度受験用』によると、過去3年間の大麻高校合格者の内申点分布は以下のとおりです。

<過去3年間の大麻高校合格者の内申点分布>

Aランク 2.1%

Bランク 12.6%

Cランク 34.0%

Dランク 39.1%

Eランク 10.1%

Fランク 2.1%

Gランク 0.2%

 

※合格者数や合格者の平均ランク・内申点など、より重要なデータは省略しています。

詳細は、『北海道高校ガイドブック 2020年度受験用』をお買い求めください。

 

他の公立高校の過去3年間の合格者の内申点分布はこちらです。

>>【2020年】石狩管内の中上位公立高校の過去3年間の合格者内申ランク別人数割合まとめ

大麻高校の倍率

大麻高校の一般入試と推薦入試、それぞれの倍率を紹介します。

一般入試の倍率

過去3年間の大麻高校の倍率は以下の通りです。

<大麻高校の過去3年間の一般入試の最終倍率推移>

2017年:1.2倍

2018年:1.13倍(32名が不合格の可能性

2019年:0.98倍

 

★2019年の大麻高校の一般入試の最終倍率

<大麻高校の一般入試の最終倍率の詳細(2019年)>

定員 280人

推薦枠 56人

推薦内定者数 41人

一般募集人数 239人

一般出願者数 234人(5%枠 10人)

一般入試倍率 0.98倍(一般出願者数 ÷ 一般募集人数)

 

北海道教育委員会が公表したデータになります。

>>北海道教育委員会のサイト

 

大麻高校は江別市の中学生から大変人気のある高校ゆえ、定員割れすることはあまりありません。

 

大麻高校の入試は「落とす試験」なので、しっかり準備をして試験に臨みましょう。

 

他の公立高校の倍率推移はこちらです。

>>【中上位高版】北海道公立高校入試最終倍率の推移【2017・2018・2019年】

推薦入試の倍率

大麻高校の推薦入試の倍率は、以下のとおりです。

<大麻高校の推薦入試結果(2018・2019)>

2018年:1名が不合格(推薦入試倍率0.59倍)

2019年:1名が不合格(推薦入試倍率0.75倍)

 

★2019年

<大麻高校の推薦入試結果詳細(2019年)>

★普通科

募集人員:280人

うち推薦:56人

出願者数:42人

内定者数:41人

1名が不合格(推薦入試倍率0.75倍)

 

大麻高校の推薦入試での合格点は不明ですが、上の推薦入試の結果を見る限り、受ければほぼ受かる試験であるのは間違いありません。

 

中学校の先生に好かれて推薦に上げてもらえるよう、日々努力してください。

 

他校の推薦入試結果については、こちらをご覧ください。

>>北海道公立高校推薦入試の倍率と結果の推移【2018・2019年】

大麻高校の推薦の要件(2020年)

大麻高校の推薦の要件(2020年)

次の両方に該当する生徒

1 自分の進路に対する明確な目標を持ち、意欲的・計画的に学習に取り組むことのできる生徒

2 基本的生活習慣が身に付いており、部活動・生徒会活動等に積極的・意欲的に取り組むことのできる生徒

 

※面接以外に実施される試験

○自己アピール文の提出

 

他校の推薦入試の要件については、こちらをご覧ください。

>>【2020年版】北海道公立高校の推薦入試の日程と募集要件などまとめ

大麻高校受験生が併願した私立高校(2019)

北海道高校ガイドブック 2020年度受験用』によると、2019年の大麻高校受験生が併願した私立高校は、以下のとおりです。

<大麻高校受験生が併願した私立高校(2019)>

■A日程

・札幌日大高校 特進コース

・札幌日大高校 総合進学コース

・札幌光星高校 文理コース

 

■B日程

・北海高校 進学コース

・北星学園大学附属高校 特進コース

・北星学園大学附属高校 進学コース

 

※何%の受験生がどの私立高校を併願したのか、どの私立高校を最も多く併願したのかなど、より重要なデータは省略しています。

詳細は、『北海道高校ガイドブック 2020年度受験用』をお買い求めください。

 

他の公立高校受験生の私立高校併願状況は、こちらです。

>>【2020年版】石狩管内の中上位公立高校受験生が併願した私立高校まとめ

 

以上、大麻高校の概要でした。

大麻高校に行きたい子への対策法

大麻高校のボーダーラインは、Dランクなら180点ほどです。

 

大麻高校に合格するには、難しい学校裁量問題で約6割の点数が必要で、それなりにハードルは高いです。

 

そこで、大麻高校合格のために、私なりの対策法を紹介します。

塾はオススメしない。独学でやるべし

大麻高校に合格するために、私は独学でやることを推奨します。

 

塾はオススメしません。

 

塾をオススメしない理由は二つあります。

 

ひとつは、板書に費やす時間が無駄だということです。

 

北海道公立高校の入試問題の8割は、基本問題です。

その基本問題を解く知識は、学校の授業で学べます。

わざわざ塾に高い金を払って、板書に時間をかける必要はないのです。

 

塾をオススメしない2つ目の理由は、塾の問題集は質が悪すぎるからです。

 

私も家庭教師を18年やって、たくさんの塾の問題集を見てきましたが、どれもヒドいです。

問題の選定もさることながら、解説が無いまたは充実していないのが致命的です。

詳しい解説を載せると、生徒が問題集を手に入れたら塾を辞めてしまうから、あえて解説を省略しているのでしょうね。

 

入試で高得点を取るのに最も重要なのは、良質な問題集を使った問題演習です。

その問題集は、書店に売られています。

 

塾で板書に時間を浪費するヒマがあるなら、塾の質の悪い問題集に悪戦苦闘するヒマがあるなら、一刻も早く書店に売られている問題集をやりましょう。

 

それで大麻高校の受験生に大きく差を付けられるはずです。

 

なお、問題集の正しいやり方が分からなかったら、私がていねいに指導させて頂きます。

オススメの問題集

大麻高校合格のために、オススメの問題集を科目別に紹介します。

国語

国語は、以下の参考書を冬休み明けまでに終わらせ、その後入試過去問を8年分やりましょう。

 

 

 

 

いずれも、超有名な参考書ですね。

 

これらの参考書を、冬休み明けまでに終わらせましょう。

数学

数学は、以下の参考書を冬休み明けまでに終わらせ、その後入試過去問を8年分やりましょう。

 

 

大麻高校の場合、数学は学校裁量問題が出題されますが、この高校に合格するなら、40点でOKでしょう。

 

数学の学校裁量問題で40点は、標準問題が満点で取れます。

 

それなら、上の『中学総合的研究 数学』で何とか取れるでしょう。

 

このとき絶対にやって欲しいのは、「問題を読んだらすぐに答えと解説を読む」です。

 

自分で解いていたら、時間がいくらあっても足りないので止めましょう。

 

問題集の目的は、入試問題を解くのに必要な新しい知識を得ることです。

 

短期間で効率よくこの問題集を吸収するためにも、「問題を読んだらすぐに答えと解説を読む」をやって頂きたいです。

 

自分で解いてマル付けをして、合ってた間違ってたと一喜一憂するのは無駄なので止めましょう。

英語

英語は、以下の参考書を冬休み明けまでに終わらせ、その後入試過去問を8年分やりましょう。

 

 

『中学総合的研究 英語』は、英文法の参考書です。

これを冬休み前までに終わらせましょう。

 

同時並行で、教科書の音読をやりまくって英文を暗記する作業をやってください。

 

英語の学校裁量問題は易しいので、これでOKなはずです。

理科

理科は、『塾技 理科80』の説明部分(演習問題でないほう)を全て理解することをゴールとしましょう。

 

 

『塾技 理科80』の説明部分が吸収できたら、現在の難しい入試理科でも40点以上取れるでしょう。

 

しかし『塾技 理科80』は難しい問題集なので、当社では『塾技 理科80』への橋渡しとして、以下の問題集と解説(無料)を生徒さんに読んでもらっています。

 

 

社会

社会は、以下の参考書を冬休み明けまでに終わらせ、その後入試過去問を8年分やりましょう。

 

 

 

 

これらの参考書を、冬休み前までに終わらせましょう。

入試過去問を8年分やろう

大麻高校に合格するために、北海道公立高校入試過去問を8年分必ずやってください。

 

2019年入試用のは、以下のとおりです。(2020年版はもう少々お待ち下さい)

 

 

 

 

 

当社に興味があれば初回面談の申込みを!

当社はこれまで、150名以上の生徒さんを、志望校に合格させてきました。

 

当社の授業料は「1時間1,500円+交通費」と、家庭教師会社の相場(1時間4,000円ほど)の半額以下です。

 

当社に興味を持たれたら、初回面談のお申込みを!