こんにちは、家庭教師のSora代表の空です。

 

〜〜〜〜〜〜

<当社の料金>

1時間1,500円+交通費 のみ

>>当社の料金について

〜〜〜〜〜〜

 

今回は、学校裁量問題上位校のひとつ、札幌旭丘高校の入試情報を詳しく調べました。

 

札幌旭丘高校の学科と定員

札幌旭丘高校の定員は、以下のとおりです。

<札幌旭丘高校の定員>

定員 320人

札幌旭丘高校の偏差値

札幌旭丘高校の偏差値は、以下のとおりです。

<札幌旭丘高校の偏差値>

63

 

道コンのデータです。

 

札幌旭丘高校は、偏差値63(上位10%)と、あと少しで札幌東高校に手が届くレベルです。

札幌旭丘高校のボーダーライン・合格ライン

偏差値だと、具体的に何点取れば札幌旭丘高校に合格できるのか、分かりませんね。

 

次に、札幌旭丘高校のボーダーライン(合格ライン)を紹介します。

<札幌旭丘高校のボーダーライン(合格ライン)>

Aランク 225点

Bランク 240点

Cランク 248点

学力重視(15%枠)学校裁量:内申点=10:0

内申点重視(15%枠)学校裁量:内申点=6:4

 

ニスコが公表しているデータを、使用しました。

学校裁量問題で高得点を取る必要がある

札幌旭丘高校に合格するには、BランクやCランクですと、300点満点中240点(8割)と、高得点が必要です。

 

しかも、難しい問題が出題される学校裁量問題で、240点も取る必要があるのです。

 

学校裁量問題は、300点満点中およそ60点(国語・数学・英語で約20点ずつ)です。

学校裁量問題を全て捨てても、240点(8割)になります。

 

札幌旭丘高校は、基本問題がすべて取れれば合格できそうです。

 

しかし近年、理科の入試問題が非常に難しいです。

私も過去問を研究しましたが、あの問題は6割(36点)取れれば御の字でしょう。

 

だから、学校裁量問題でもきちんと点数を取る必要があります。

 

近年は、英語と社会が易しい問題が多いので、そこで点数を稼ぎましょう。

 

また数学も、努力の成果が反映されやすい問題が出題されるので、しっかり勉強しましょう。

札幌旭丘高校の倍率

札幌旭丘高校の一般入試と推薦入試、それぞれの倍率を紹介します。

一般入試の倍率

過去3年間の札幌旭丘高校の一般入試の倍率は、以下のとおりです。

<札幌旭丘高校の過去3年間の一般入試の最終倍率推移>

2017年:1.5倍

2018年:1.56倍(146名が不合格の可能性

2019年:1.57倍(146人が不合格の可能性

 

★2018年の札幌旭丘高校の一般入試の最終倍率

<札幌旭丘高校の一般入試の最終倍率詳細(2018年)>

定員 320人

推薦枠 64人

推薦確定数 61人

一般募集人数 259人

一般出願者数 405人(20%枠 45人)(146名が不合格の可能性

一般入試最終倍率 1.56倍(一般出願者数 ÷ 一般募集人数)

 

★2019年の札幌旭丘高校の一般入試の最終倍率

<札幌旭丘高校の一般入試の最終倍率の詳細(2019年)>

定員 320人

推薦枠 64人

推薦内定者数 64人

一般募集人数 256人

一般出願者数 402人(20%枠 29人)

146人が不合格の可能性

一般入試倍率 1.57倍(一般出願者数 ÷ 一般募集人数)

 

北海道教育委員会が公表したデータになります。

>>北海道教育委員会のサイト

 

札幌旭丘高校は、毎年のように高倍率になります。

 

札幌旭丘高校の入試は「落とす試験」なので、しっかり準備をして試験に臨みましょう。

 

他の公立高校の倍率推移はこちらです。

>>【中上位高版】北海道公立高校入試最終倍率の推移【2017・2018・2019年】

推薦入試の倍率

札幌旭丘高校の推薦入試の倍率は、以下のとおりです。

<札幌旭丘高校の推薦入試結果(2018・2019)>

2018年:全員合格(推薦入試倍率0.95倍)

2019年:15名が不合格(推薦入試倍率1.23倍)

 

★2018年

<札幌旭丘高校の推薦入試結果詳細(2018年)>

★普通科

募集人員:320人

うち推薦:64人

出願者数:61人

内定者数:61人

→全員合格(推薦入試倍率0.95倍)

 

★2019年

<札幌旭丘高校の推薦入試結果詳細(2019年)>

★普通科

募集人員:320人

うち推薦:64人

出願者数:79人

内定者数:64人

15名が不合格(推薦入試倍率1.23倍)

 

札幌旭丘高校の推薦入試では、英語のリスニング、適性検査、面接が課せられます。

 

リスニングは点数が悪くても、合格できるそうです。

 

しかし、適性検査でキチンと点を取っておかないと、落ちる可能性があるので気をつけましょう。

札幌旭丘高校の合格実績・主な進学先

メインである、国公立大学の進学実績を紹介します。

 

現役合格に絞って紹介します。

<札幌旭丘高校の進学実績>

旭川医科大  2名

小樽商科大 17名

帯広畜産大  1名

北海道大学  15名

北教大旭川  5名

北教大岩見沢  5名

北教大札幌  18名

室蘭工業大  2名

弘前大学  7名

岩手大  2名

茨城大  1名

筑波大  2名

宇都宮大  1名

千葉大  3名

東京外語大  1名

新潟大  1名

金沢大  1名

静岡大  1名

京都大  1名

大阪大  1名

札幌市立大  6名

釧路公立大  2名

名寄市立大  1名

札幌医科大  6名

秋田公立美大  2名

高崎経済大  1名

首都大東京  3名

横浜市立大  1名

都留文科大  1名

滋賀県立大  1名

広島市立大  1名

札幌旭丘高校の進学実績は微妙

上の札幌旭丘高校の合格実績一覧を見ると、主な進学先は、小樽商科大学と北海道教育大学であることが分かります。

 

北大に15名、京大や阪大などにも現役合格しているので、なかなかなのかもしれません。

 

しかし、札幌旭丘高校は、あの難しい学校裁量問題で8割も取れる強者揃いです。

 

このまま勉強し続ければ、全員が北大以上の大学に現役合格できそうな気がします。

 

それなのに、小樽商科大学と北海道教育大学止まりなのです。

 

おそらく、入学後、勉強しなくなる学生が多いのでしょうね。

 

ちなみに北大は、数学なら「黄色チャート」という基本書を1冊マスターすれば、普通に合格できます(医歯薬獣医学部を除く)

 

問題文を見て、考えないですぐ答えを読み、答えを隠して自力で解けるまで繰り返す。

こうして出来る問題をストックすることが重要です。

 

私は大学入試では北大に届きませんでしたが、公務員試験の模試では全国6位を取ったことがあります。

旧帝大、早稲田や慶応の学生が多数受ける模試でです。

 

問題文を見て、考えないですぐ答えを読み、答えを隠して自力で解けるまで繰り返す。

 

私は家庭教師の授業で、生徒にこの勉強法を教え込んでいます。

当社に興味があれば初回面談の申込みを!

当社はこれまで、150名以上の生徒さんを、志望校に合格させてきました。

 

当社の授業料は「1時間1,500円+交通費」と、家庭教師会社の相場(1時間4,000円ほど)の半額以下です。

 

当社に興味を持たれたら、初回面談のお申込みを!