勉強が苦手な子の指導経験20年以上・上位校にも完全対応、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は1回・90分 3,250円〜4,500円

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

>>お問い合わせ

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『できた!国語 文法』と『できた!国語 漢字』を紹介します。

 

 

 

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』(くもん)とは

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』は、老舗の問題集である、くもんの中学基礎がため100%国語 文法  漢字シリーズの後継版です。

 

2021年4月からの学習指導要領改訂に、完全対応しています。

 

国語は、学習指導要領改訂がされても内容はほとんど変わりませんが、他の教科と合わせてリフレッシュされた感じです。

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』(くもん)の特徴・レベル

『できた!国語 文法』(くもん)の特徴・レベル

『できた!国語 文法』には、公立高校入試で出題される文法の知識が、全て網羅されているのが特徴です。

 

問題形式で、効率的に覚えることができます。

 

『できた!国語 文法』をマスターできたら、公立高校入試の文法問題で外すことはほぼ無くなるでしょう。

『できた!国語 漢字』(くもん)の特徴・レベル

『できた!国語 漢字』には、小学校と中学校で習う漢字が、全て網羅されているのが特徴です。

 

国語力の要素の一つは、語彙力(覚えた漢字の個数)です。

公立高校入試の最終問題の長文を突破するには、語彙力は必須です。

 

『できた!国語 漢字』をマスターできたら、公立高校入試で高得点を取るために必要な語彙力が十分に身につくでしょう。

 

公立高校入試では漢字が出題されますが、『できた!国語 漢字』をマスターできたら、外すことはほぼ無くなるでしょう。

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』(くもん)の対象者

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』の対象者は、中2までです。

 

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』は、合わせて350ページほどあり、受験で時間が限られている中3生にはオススメできません。

 

中3生は、『システム中学国語 公立高校編』にある漢字と文法をやりましょう。

 

 

※国語は、学習指導要領改訂がされても内容はほとんど変わりませんので、上記の問題集が使えます。

 

『システム中学国語 公立高校編』には、文法と漢字の頻出の知識が32ページにコンパクトにまとめられており、かけた時間に対する費用対効果が高いです。

 

しかし、国語で高得点を取るには、英語と同様に語彙力と文法の知識が必要です。

最上位公立高校を目指す子は、なるべく早い時期に『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』をやるべきでしょう。

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』(くもん)の使い方・やり方

『できた!国語 文法』(くもん)の使い方・やり方

『できた!国語 文法』は、学校で習っていない文法でも、無理なく学べるように作られています。

 

そこで最初は、概念を読み、問題を見たらすぐに答えを見て、問題を理解することに努めましょう。

 

次に、問題を自力で解き、キチンと理解できているか確認してください。

 

『できた!国語 文法』を3周目標でやって、完了とします。

『できた!国語 漢字』(くもん)の使い方・やり方

『できた!国語 漢字』は、知らない漢字のみをやるようにします。

 

そこで最初は、『できた!国語 漢字』の全ての問題を解き、出来なかった問題にチェックを入れてください。

 

次に、チェックの付いた問題のみを集中的にやって、暗記しましょう。

 

チェックの付いた問題のみを3周目標でやって、完了とします。

『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』(くもん)は買いか!?

中2までなら、『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』を使ってください。

 

時間の無い中3生は、『システム中学国語 公立高校編』にある漢字と文法をやりましょう。

 

 

最上位高を目指す子は、語彙力と文法の知識が必要なので、時間を捻出して『できた!国語 文法』『できた!国語 漢字』をやってください。

 

 

 

★家庭教師のSoraオススメ問題集一覧★

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集と差がつく正しい使い方(偏差値別)