北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

 

 

こんにちは、個別指導塾まさです。

 

今回は、2024年(令和6年)に行われた、北海道公立高校入試「数学」の問題・解答・詳しい解説を公開致します。

 

北海道公立高校入試の総合データ

■北海道公立高校入試のボーダー(合格)ライン・最低点の推移
>>北海道公立高校入試の道コン最低点推移のランク別まとめ

■北海道の公立高校の最終倍率推移
>>北海道の公立高校の最終倍率推移

■北海道公立高校入試の平均点推移と予想
>>北海道公立高校入試の平均点推移・各科目の正答率・人数分布・平均点予想まとめ

■北海道公立高校一般入試の合否判定の手順
>>【最新版】北海道公立高校一般入試の合否判定の手順の詳細まとめ

 

>>【最新版】北海道の公立・私立高校受験対策おすすめ問題集(道コンSS・高校別)と差がつく正しい使い方

 

個別指導塾まさ

ICTコース(定額で問題が解き放題、進捗確認と受験相談付き)と授業コース(オンライン個別指導と家庭教師)を用意しています。ICTコースは月3,000円のみ、授業コースは月18,000円〜です。北大院卒、指導経験20年以上。当塾は中上位高校志望の子が多いですが、勉強が苦手な子も多数在籍しています。今の学力は不問なので、気軽にお申し込みください。

>>教師紹介・料金・授業内容
>>体験授業かんたんお申し込み
>>お問い合わせ

講評:昨年より易化

2024年の北海道公立高校入試「数学」は、2023年入試と比較して「易化」と判断します。

 

後半に難問が混ざっていますが、そこを潔く捨てて、解ける問題を確実に解くようにすればクリアできるセットだったと思います。

 

ただし記述量がかなり多く、試験中はかなりの速度で書かないと間に合わないことに、注意が必要です。

 

以下、各設問の内容と講評です。

大問1:小問集合です。問6の作図がやや難しいですが、他は易しいです。

大問2:整数問題です。問1は、中1教科書ワークなどでよく見るタイプの問題で易しいです。問2はやや難です。

大問3:二次関数の問題です。易しいので、ここも必ず取りたいところです。

大問4:平行四辺形と相似な図形の問題です。問1は平行四辺形になる条件を考察する問題で、中2でも解ける問題ではありますが、難易度はやや難です。問2(1)は平行線と相似の知識から平行四辺形であることを証明する問題で、標準レベルです。問2(2)は、発想力・計算量が高いレベルで求められる、過去最高レベルの難問です。本州の公立高校入試でも難問に属する部類で、高専入試に肉薄すると感じました。

大問5:回転移動と空間図形の問題です。問1(1)は易しいですが、問1(2)は樹形図を使って洗い出しをする必要があり、難易度はやや難です。問2は公立高校入試標準レベルの問題です。

大問1 小問集合

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

 

以下、解説・解答です。

 

大問2 整数問題

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

 

以下、解説・解答です。

 

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題(解答・解説)

大問3 二次関数

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

 

以下、解説・解答です。

 

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題(解答・解説)

大問4 平行四辺形と相似な図形

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

 

以下、解説・解答です。

 

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題(解答・解説)

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題(解答・解説)

大問5 回転移動、三角柱の体積計算

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題

 

以下、解説・解答です。

 

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題(解答・解説)

北海道公立高校入試数学2024年(令和6年)過去問題(解答・解説)