★高校入試おすすめ問題集一覧★

こちらに、高校入試おすすめ問題集が偏差値別にまとめられています。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』とは

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』とは、大手出版社の数研の、中学理科の問題集です。

数研は、大学受験数学の『チャート式』シリーズが非常に有名です。

 

最新の学習指導要領に、完全対応しています。

 

スポンサーリンク




『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の特徴・レベル

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の特徴

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』は、公立高校入試基本〜標準レベルの問題演習がたっぷり出来ることが特徴です。

加えて、1冊あたりのページ数が約70ページと、とても薄いことも大きな特徴です。

 

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』は、要点のまとめの部分は最小限に留めて、問題演習を沢山する形式になっています。

 

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』は公立高校入試基本レベルの問題がボリュームゾーンなので、偏差値55までの公立高校を目指す子にオススメします。

 

スポンサーリンク




『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の難易度・レベル

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の難易度(レベル)は、公立高校入試基本〜標準レベルです。

 

スポンサーリンク




『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の対象者

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の対象者は、偏差値55までの公立高校を目指す子です。

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』の使い方・やり方

以下のサイクルでやることで、知識があまり無くても気楽に取り組むことができます

① 今日やるページを決める。

② 問題を読む。

③ 5秒ほど考える。

④ 解けそうなら手を動かす、分からないならすぐに解説を読む。
→ウンウン悩むのは時間の無駄。他の科目の勉強時間が減るだけです。また、悩んで疲れると、勉強の効率が下がります。高校入試は5教科の合計点で合否が決まるので、理科だけに時間と労力をかけすぎないこと。

⑤ 間違えた問題は、
計算問題:すぐに解き直す。解説の通りに解けることを重視すること。
知識問題:気にせず次の問題に行く。

⑥ 目標ページまで解き終わったら、
計算問題:間違えた問題のみ解き直す。
知識問題:すべて解き直す。このとき、頭の中で1問解いたらすぐに解説を読んで答え合わせをして進めていく。

⑦ 2周目以降は以下の方法でやる。3周目標。
計算問題:不安な問題にチェックを入れ、2周目以降はそれらの問題のみを集中的にやる。
知識問題:知識抜けを防ぐため、全問やる。頭の中で1問解いたらすぐに解説を読んで答え合わせをして進めていくとよい。

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』は買いか!?

『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』は、公立高校入試基本〜標準レベルの問題演習がたっぷり出来ることが特徴です。

加えて、1冊あたりのページ数が約70ページと、とても薄いことも大きな特徴です。

 

偏差値55までの公立高校を目指す子は、『チャート式シリーズ 中学理科 1年・2年・3年 準拠ドリル』は、検討する価値ありです。

 

★個別指導塾まさをご検討の方はこちら★

個別指導塾まさをご検討の方は、こちらをご覧下さい。授業料は最高で1回90分 4,000円です。