こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

・家庭教師のSoraを詳しく知りたい方へ!

>>家庭教師のSoraプロフィール

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』を紹介します。

 

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集と差がつく正しい使い方(公立・私立高校レベル別)

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』の前にやるべき問題集

『教科書ワーク』で、文法を固めてください。

>>『教科書ワーク 英語』の解説記事

 

※学校の教科書のものを使用ください。

>>北海道の各地域の公立中学校の教科書一覧

 

 

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』とは

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』とは、長文読解&リスニング対策の問題集です。

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は昔からある超有名問題集で、多くの問題集がこちらを参考として作られていると言われています。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』の特徴・レベル

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』の特徴

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は、公立高校入試の易しめ過去問を使って、長文読解とリスニング対策が出来ることが特徴です。

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』には、25題の長文があり、最初のUnit1は67語、最後のUnit25は141語と、徐々に長くなっていきます。

 

いずれの英文も公立高校入試の過去問を厳選したものであり、これらを吸収できたら、大きく前進できるでしょう。

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』のレベル

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は、公立入試基本レベルです。

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』がマスターできたら、公立入試で70点安定するはずです。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』の対象者

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は、文法はある程度分かるが、長文問題が苦手な子を対象としています。

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』でディクテーションをすることで、自由英作文対策が万全になります。

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は、入試対策を始める全ての子が使うべき問題集だと言えます。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』の使い方・やり方

① リスニング(オーバーラッピング)

① リスニング

→英文を見ないで、長文の内容がある程度分かるまで聞く。 最低でも3回以上聞くこと。

 

② 長文を読む

→リスニングで聞き取れなかった単語を確認。

 

③ リスニング

→長文の内容がしっかり分かるまで聞く。 英文を見てもOK。

 

④ オーバーラッピング

→音声に被せるようにして、音読をする。これをオーバーラッピングという。最低でも3回以上やること。

 

⑤ 長文を読む

→英文を黙読する。

 

上記の手順でやることで、1つの長文を20〜30分程度で終わらせられるはずです。

 

ただ読んで解くだけでもある程度効果が得られるでしょう。

が、ここで読むより負荷の高い作業であるリスニングを取り入れることで、短期間でより力が付くはずです。

② リスニング(シャドウイング)

オーバーラッピングでUnit25まですべて終わったらUnit1に戻り、シャドウイングを取り入れて繰り返します。

 

① リスニング

→英文を見ないで、長文の内容がある程度分かるまで聞く。 最低でも3回以上聞くこと。

 

② 長文を読む

→リスニングで聞き取れなかった単語を確認。

 

③ オーバーラッピング

→最低でも3回以上やること。

 

④ シャドウイング

→聞こえてくる英文のすぐ後ろを追うようにして、音読をする。これをシャドウイングという。最低でも3回以上やること。

③ 自由英作文対策(ディクテーション)

① リスニング

→英文を見ないで、長文の内容がある程度分かるまで聞く。 最低でも3回以上聞くこと。

 

② ディクテーション

→音声で読み上げられる英語を書き取る。これをディクテーションという。1日1周目標でやるとよい。

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は買いか!?

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』は、公立入試対策を始める全ての子にオススメできる問題集です。

 

長文問題対策として、迷ったらまずはここからスタートしましょう。

 

『ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)』の次にやるべき問題集

中堅公立高校を目指す子は、『できた!英語 単語・読解』などで多読をしてください。

 

 

上位校を目指す子は、『ハイパー英語教室中学英語長文 2(入試長文がすらすら読める編)』に移ってください。

 

【PR】初回面談:オンライン授業もやっています!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、初回面談のお申込みを(オンライン授業もやっております!