勉強が苦手な子の指導経験20年以上、オンライン家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は月々20,000円(月4回・1回90分)のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

体験授業のお申し込みはこちら

>>体験授業お申し込み

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』を紹介します。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』とは

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』とは、大手出版社の学研の単語帳です。

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の特徴・レベル

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の特徴

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』は、298例文を暗記することで、高校入試の重要単語1800語が覚えられることが特徴です。

全国の高校入試問題を分析して得られた、頻出単語1800語が載っています。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』は、1日4ページずつやれば、2か月で余裕を持って終えることができるように作られています。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の英単語の部分は一つの単語につき一つの意味のみと、一語一義に徹しており、非常に読みやすいのが特徴です。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』には、全ての例文に音声が用意されているのも特徴です。

付属のCDから音声をスマホに入れることで、いつでもどこでも『例文で覚える中学英単語 熟語1800』のリスニングが出来ます。

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』のレベル

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の単語レベルは、公立高校入試標準レベルです。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』が吸収できたら、公立高校入試で8割安定するでしょう。

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の対象者

北海道の中学生に絞ると、『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の対象者は、偏差値60までの公立高校を目指す子です。

 

しかし、英語で高得点を確実に狙うなら、大学入試と同じく、語彙力を強化する必要があります。

英語は長文が読めたら終わりで、長文が読めるかどうかは、語彙力の有無が大きいので。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』は、頻出単語が1800語も収録されており、網羅性が高いのでオススメします。

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の使い方・勉強法

中1・中2生

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の構成は、レベル1(中1レベル)、レベル2(中2前半レベル)、レベル3(中2後半レベル(1))、レベル4(中2後半レベル(2))、レベル5(中3レベル)です。

 

中1・中2生は、学校の進度に合わせてレベル1〜4をコツコツやりましょう。

英検3級を持っている子は、最後(レベル5)までやってください。

 

やり方は、付属の赤シートを使い、テスト形式でやります。

英単語は、テスト形式で覚えることが学習効果がもっとも高いと言われています。

根気を要する作業になりますが、頑張りましょう。

 

発音が不明なら、音声を使ってください。

中3生

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』の単語レベルは公立高校入試標準レベルなので、全て覚えた方がよいです。

 

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』は、ひたすら読みましょう。

 

ただ読むだけです。

音声は、発音が不明なときのみ使用します。

 

まずは、とくに覚えようとせずに、『例文で覚える中学英単語 熟語1800』を10日目標で5周読み、次に1週間ほど放置して、その間は長文読解に励みます。

再び、『例文で覚える中学英単語 熟語1800』を10日目標で5周読み、また1週間放置してから復習することを繰り返します。

 

英単語は、効果的な学習法として、あえて一定期間復習をしないやり方があります。

短期集中で暗記→一定期間放置→短期集中で覚え直す

こうすることで、英単語が長期記憶化でき、長文の単語を無意識レベルで自然に読むことができるようになります。

『例文で覚える中学英単語 熟語1800』は買いか!?

原則、定番単語帳の『高校入試でる順ターゲット中学英単語1800』をオススメします。

 

公立高校入試で8割安定でよいなら、『例文で覚える中学英単語 熟語1800』は検討の価値ありです。

 

★家庭教師のそらオススメ問題集一覧★

家庭教師のそらオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のそらオススメ問題集と差がつく正しい使い方(偏差値別)