こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>料金と授業内容(対面・オンライン授業)

 

・家庭教師のSoraを詳しく知りたい方へ!

>>家庭教師のSoraプロフィール

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』を紹介します。

 

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集と差がつく正しい使い方(公立・私立高校レベル別)

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の前にやる問題集

教科書ワーク 英語』、『ハイパー英語教室中学英語長文 1』、『ハイパー英語教室中学英語長文 2』を終わらせてください。

 

※学校の教科書のものを使用ください。

>>北海道の各地域の公立中学校の教科書一覧

 

 

 

 

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』とは

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』とは、大手出版社のかんき出版の単語帳です。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の特徴・レベル

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』は、公立高校入試〜難関高校レベルまで、すべて対応しています。

 

英単語には複数の意味が込められていますが、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』は、一つの単語につき一つの意味のみと、一語一義に徹しており、非常に読みやすいのが特徴です。

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』には、音声が用意されているのも特徴です。

音声をダウンロードして、スマホでいつでもどこでも、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』のリスニングが出来ます。

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』には、全ての単語に例文と音声がつきます。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の中身

<『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の中身>

PART1 ベーシック英単語 単語約450語

→小学5・6年生で習う単語も含まれます。

 

PART2 スタンダード英単語 単語約500語 ★公立中堅高まで対応

→教科書レベルの単語が載っています。

 

PART3 アドバンスト英単語 単語約400語 ★公立上位高まで対応

→英検準2級レベルの単語が載っています。

 

PART4 ハイレベル英単語 単語約400語(うち熟語157語) ★難関校まで対応

 

PART5 発音(フォニックス)

→母音と子音の発音練習

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』には、全ての単語に例文と音声がつきます。

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の対象者

北海道の中学生に絞ると、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の対象者は、地方トップ高に上位合格を狙う子、札幌東西南北を目指す子です。

 

ほとんどの子は、『教科書ワーク 英語』と『ハイパー英語教室中学英語長文 1』と『ハイパー英語教室中学英語長文 2』、最後に『全国高校入試問題正解』で、高校入試は突破できるでしょう。

 

しかし、英語で9割を確実に狙うなら、大学入試と同じく、語彙力を強化する必要があります。

 

英語は長文が読めたら終わりで、長文が読めるかどうかは、語彙力の有無が大きいので。

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』は単語と熟語が合計1800語も収録されており、網羅性が高いのでオススメします。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の使い方・やり方

中1・中2生

北海道公立高校入試には、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の「PART4(ハイレベル英単語)」の単語も普通に登場するので、すべてやる必要があります。

 

中1・中2生は入試まで時間があるので、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の全ての単語を、付属の赤シートを使い、テスト形式でやってください。

 

英単語は、テスト形式で覚えることが学習効果がもっとも高いと言われています。

根気を要する作業になりますが、頑張りましょう。

 

発音が不明なら、音声を使ってください。

中3生

中3生は英単語暗記に時間をかけられないので、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』を、以下のように使います。

 

<『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』の使い方(中3生)>

・PART1 〜 PART2の約950単語

→例文のみを読み込む。

 

・PART3 〜 PART4の約850単語

→単語と例文のみを読む。

 

※北海道公立高校入試には、「PART4(ハイレベル英単語)」の単語も普通に登場するので、すべてやる必要があります。

 

ただ読むだけです。

音声は、発音が不明なときのみ使用します。

 

まずは、とくに覚えようとせずに、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』を10日目標で5周読み、次に1週間ほど放置して、その間は長文読解に励みます。

 

再び、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』を10日目標で5周読み、また1週間放置してから復習することを繰り返します。

 

英単語は、効果的な学習法として、あえて一定期間復習をしないやり方があります。

 

短期集中で暗記→一定期間放置→短期集中で覚え直す

こうすることで、英単語が長期記憶化でき、長文の単語を無意識レベルで自然に読むことができるようになります。

高校生

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』と平行して、高校英語の入門単語帳『英単語ターゲット1200』(英検準2級レベル)をやってください。

 

あえて中学英単語からやることで、点数が伸び悩むのを防ぐことが目的です。

 

大学入試は基礎が最も重要なので、中学英語だと侮らないでしっかりやりましょう。

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』を10周もすれば、OKです。

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』は買いか!?

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』は、ハイレベル単語の数や音声が付属する点など、定番単語帳の『高校入試でる順ターゲット中学英単語1800』と遜色ありません。

 

ただし、『高校入試でる順ターゲット中学英単語1800』の方が評判が良いので、原則こちらをオススメします。

 

かんき出版の『1冊でしっかりわかる本』シリーズが好きな子は、『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』でも問題ありません。

 

『中学校の英単語1800が1冊でしっかりわかる本』が終わったら次にやること

『全国高校入試問題正解』をやってください。

 

★体験授業のお申し込みはこちらです!★

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、体験授業のお申込みを(オンライン授業もやっております!