こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

オンライン授業1回・90分 4,000円 のみ

>>オンライン授業詳細

 

・定期テスト、総合ABC、公立高校入試に完全対応!家庭教師のSoraオリジナル教材

>>家庭教師のSoraオリジナル教材

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中3理科2学期定期テスト(中間・期末)過去問の解説第2弾です。

 

北海道の札幌都市圏の中学校の定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

本解説は、『塾技 理科80』の知識をベースに行っています。

 

 

 

>>『塾技 理科80』の解説記事

 

現在の難しい北海道公立高校入試の理科で高得点を狙うなら、『塾技 理科80』は必須です!

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!

 

注意事項

本記事は、定期テストで70点以上取れるレベルの生徒さんを対象としており、かなり簡潔な解説になっています。

 

中1・中2学力テスト、総合ABC、入試過去問の解説記事には、非常に詳しい解説が載っていますので、興味があればそちらをご覧ください。

>>中1・中2学力テスト過去問解説記事一覧

>>総合ABC過去問解説記事一覧

>>入試過去問解説記事一覧

 

では、解説をしていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第1問

 

 

(1)

塩酸は、気体の塩化水素が水にとけた水溶液です。

 

 

(2)(5)

塩酸の電離式は、

HCl→H++Cl

より、陰イオンは塩化物イオンです。

 

 

(3)

陽極には塩化物イオン(Cl)が引き寄せられ、電子を放出して気体の塩素(Cl2)が発生します。

塩素の確認方法として、手で仰いでにおいをかぐ、塩素の漂白作用を利用して赤インクを陽極付近の液体にたらす、などがあります。

 

 

(4)

塩酸の電気分解の化学反応式は、

2HCl→H2+Cl2

と、水素:塩素=1:1の体積比で発生します。

しかし、塩素は水にとけやすい気体なので、水素の方が多く発生しているように見えます。

第2問

 

 

(1)

亜鉛は銅よりイオン化傾向が大きいので、うすい塩酸にとけて電子を放出します。

反応式は、

Zn→Zn2++2e

 

 

(2)(3)

+極になるのはイオン化傾向が小さい金属なので、銅板です。

 

 

(4)

銅板付近では、亜鉛板から来た電子2個を、塩酸の電離によって発生した水素イオンが受け取って、水素の膜が発生します(ボルタの電池の欠点)

銅板付近での反応式は、

2H++2e→H2

 

 

(5)

一次電池であるマンガン電池では、使い続けると亜鉛板が溶けてボロボロになり、電子をあまり放出できなくなり、電流があまり流れなくなっていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第3問

 

 

(1)

電車が等速直線運動をしているとき、物体も等速直線運動をしています。

等速直線運動では、進行方向に力が働かないので、おもりはどちらにも振れません。

 

 

(2)(3)

慣性の法則より、おもりは等速直線運動の状態を維持しようとするので、左に振れます。

 

 

(3)

ア:正しい

イ:等加速度運動の例です

ウ:力の釣り合いの例です

エ:正しい

オ:力の釣り合いの例です

第4問

 

 

(1)

物体に着目して、

バネ:天井がバネを引く力(A)と、おもりがバネを引く力(D)が釣り合い静止します。

おもり:重力(E)とバネがおもりを引く力(C)が釣り合い静止します。

 

 

(2)

点に着目して、AとB、CとDになります。

 

 

(3)

Eは重力で、地球がおもりを鉛直下向きに引く力です。

重力の反作用は、主語と述語を変えて、おもりが地球を引く力です。

【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!