こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

オンライン授業1回・90分 4,000円 のみ

>>オンライン授業詳細

 

・定期テスト、総合ABC、公立高校入試に完全対応!家庭教師のSoraオリジナル教材

>>家庭教師のSoraオリジナル教材

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中2理科3学期定期テスト(学年末テスト)過去問の解説第7弾です。

 

北海道の札幌都市圏の中学校の定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

本解説は、『塾技 理科80』の知識をベースに行っています。

 

 

 

>>『塾技 理科80』の解説記事

 

現在の難しい北海道公立高校入試の理科で高得点を狙うなら、『塾技 理科80』は必須です!

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!

 

注意事項

本記事は、定期テストで70点以上取れるレベルの生徒さんを対象としており、かなり簡潔な解説になっています。

 

中1・中2学力テスト、総合ABC、入試過去問の解説記事には、非常に詳しい解説が載っていますので、興味があればそちらをご覧ください。

>>中1・中2学力テスト過去問解説記事一覧

>>総合ABC過去問解説記事一覧

>>入試過去問解説記事一覧

 

では、解説をしていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第1問

(1)

飽和水蒸気量が30g/m3、水蒸気量が20g/m3より、後10g/m3含むことができます。

 

 

(2)

空気cの水蒸気量が最も多いので、a〜cの空気を0℃に下げたとき、最も多くの水滴が生じます。

 

 

(3)

空気aの水蒸気量は10g/m3、約11℃のとき水滴が生じ始めるので、約11℃が露点です。

 

 

(4)

飽和水蒸気量に近いほど湿度が高くなるので、最も湿度が高いのは空気c、最も湿度が小さいのは空気bです。

 

 

(5)

空気cの水蒸気量は飽和水蒸気量の1/3より、

湿度=1/3×100=100/3=33.3・・・≒33%

第2問

 

 

(1)

等圧線は4hPaごとに引かれ、低気圧は中心に向かうほど気圧が低くなるので、1004hPaが正解です。

 

 

(2)

等圧線の間隔が狭いほど気圧傾度が大きく風が強くなるので、P点が正解です。

 

 

(3)

解答例:等圧線の間隔が狭いから(解説略)

 

 

(4)

雲は上昇気流によって生じ、上昇気流が発生すると気圧が下がるので、Bの低気圧です。

 

 

(5)

周辺部より温度が高くなると上昇気流が生じ、低気圧となります。

風は冷たい方から暖かいほうに向かってふき、コリオリの力より、北半球では風は右にそれて吹き込みます。

以上より、イが正解です。

 

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第3問

 

 

(1)

固体は水より暖まりやすく冷えやすいので、陸が正解です。

 

 

(2)

答:海陸風(解説略)

 

 

(3)

答:季節風(解説略)

 

 

(4)

冷たい海から暖かい陸へ風が吹いているので、昼間に吹く陸風です。

 

 

(5)

夏は、日本列島が暖かく、南東の海洋が冷たいため、南東の海洋が高気圧=小笠原気団となります。

冷たい南東の海洋から、暖かい日本列島へ、南東の季節風(ア)が吹きます。

第4問

 

 

(1)

同じ電圧を加えたとき、R2の方が電流の大きさが小さいので、抵抗が大きいです。

 

 

(2)

図1より、R1に4Vの電圧を加えると0.2Aの電流が流れます。

図2は直列回路より、回路全体に流れる電流の大きさは0.2Aです。

図1より、R2に0.2Aの電流が流れたとき、6Vの電圧が加わります。

図2は直列回路より、電源の電圧は10Vです。

回路全体に流れる電流の大きさが0.2A、電源の電圧が10Vなので、回路全体の抵抗の大きさはオームの法則より、

10V/0.2A=10×5=50Ω

 

 

(3)

図1より、R1に0.3Aの電流が流れると、6Vの電圧が加わります。

図3は並列回路より、電源の電圧は6Vです。

図1より、R2に6Vの電圧が加わると、0.2Aの電流が流れます

図3は並列回路より、回路全体に流れる電流の大きさは、0.5Aとなります。

回路全体に流れる電流の大きさが0.5A、電源の電圧が6Vなので、回路全体の抵抗の大きさはオームの法則より、

6V/0.5A=6×2=12Ω

【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!