こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

・LINEで数学と理科の質問が気軽にできる!

>>オンライン授業詳細

 

・定期テスト、総合ABC、公立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>オススメ問題集一覧

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中2理科3学期定期テスト(学年末テスト)過去問の解説第5弾です。

 

北海道の札幌圏の中学校の定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

本解説は、『塾技 理科80』の知識をベースに行っています。

 

 

 

>>『塾技 理科80』の解説記事

 

現在の難しい北海道公立高校入試の理科で高得点を狙うなら、『塾技 理科80』は必須です!

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




【PR】初回面談:コロナ予防に最善を尽くします!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、初回面談のお申込みを!(コロナ予防には最善を尽くします

 

注意事項

本記事は、定期テストで70点以上取れるレベルの生徒さんを対象としており、かなり簡潔な解説になっています。

 

中1・中2学力テスト、総合ABC、入試過去問の解説記事には、非常に詳しい解説が載っていますので、興味があればそちらをご覧ください。

>>中1・中2学力テスト過去問解説記事一覧

>>総合ABC過去問解説記事一覧

>>入試過去問解説記事一覧

 

では、解説をしていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第1問

 

 

(1)

ストローに電子が移動するため、ストローは-の静電気を帯びています。

ゆえにストローBをストローAに近づけると、しりぞけ合います。

 

 

(2)

ストローに電子が移動するため、ストローは-の静電気を、ティッシュは+の静電気を帯びます。

 

 

(3)

答:静電気(解説略)

第2問

 

 

(1)

答:真空放電(解説略)

 

 

(2)

答:電子(解説略)

 

 

(3)

電子は-の電気を帯びた質量のある粒子であるので、-極(A)から飛び出します。

 

 

(4)

電子は-の電気を帯びた質量のある粒子であるので、下(イ)の方向に曲がります。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第3問

 

 

(1)

オームの法則より、

V=IR ⇔ I=V/R=6.0V/2Ω=3.0A

 

 

(2)

P[W]=I[A]×V[V]=3.0A×6.0V=18W(18J/s)

 

 

(3)

Q[J]=P[W]×t[s]=P[J/s]×t[s]=18J/s×7×60s=126×6×10=756×10=7560J

 

 

(4)

「考えられるか。」と問われているので、発熱量=水が得た熱量と仮定して計算します。

抵抗が2倍になっているので、電流の大きさが1/2倍となり、発熱量も(3)の1/2倍となります。

よって、上昇温度も1/2倍となり、8℃×1/2=4℃となります。

 

 

(5)

W[Wh]=P[W]×t[h]=60W×8h=480Wh

 

 

(6)

W[Wh]=P[W]×t[h]=1500W×12h=180×100Wh=18kWh

第4問(やや難)

 

 

(1)<やや難>

電熱線fとgの合成抵抗をつくると、直列回路となるので、0.5Aの電流が流れます。

 

 

(2)

電熱線aに加わる電圧は、直列回路より、V=IR=0.5A×4Ω=2.0V

これより、電熱線fとgの合成抵抗に加わる電圧は6.0Vとなります。

 

 

(3)

電熱線fとgの合成抵抗に0.5Aの電流が流れ、加わる電圧は6.0Vなので、抵抗は、R=V/I=6.0V/0.5A=6×2=12Ω

【PR】初回面談:コロナ予防に最善を尽くします!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、初回面談のお申込みを!(コロナ予防には最善を尽くします