こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

オンライン授業1回・90分 4,000円 のみ

>>オンライン授業詳細

 

・定期テスト、総合ABC、公立高校入試に完全対応!家庭教師のSoraオリジナル教材

>>家庭教師のSoraオリジナル教材

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中1理科3学期定期テスト(学年末テスト)過去問の解説第5弾です。

 

北海道の札幌都市圏の中学校の定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

本解説は、『塾技 理科80』の知識をベースに行っています。

 

 

 

>>『塾技 理科80』の解説記事

 

現在の難しい北海道公立高校入試の理科で高得点を狙うなら、『塾技 理科80』は必須です!

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!

 

注意事項

本記事は、定期テストで70点以上取れるレベルの生徒さんを対象としており、かなり簡潔な解説になっています。

 

中1・中2学力テスト、総合ABC、入試過去問の解説記事には、非常に詳しい解説が載っていますので、興味があればそちらをご覧ください。

>>中1・中2学力テスト過去問解説記事一覧

>>総合ABC過去問解説記事一覧

>>入試過去問解説記事一覧

 

では、解説をしていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第1問

 

 

(1)

実物側からスクリーンに映った像を見ると、上下のみ逆の像が見えます。

スクリーンの裏側から像を見ると、上下左右が逆の像が見えます。

 

 

(2)

焦点距離の2倍の位置に物体があるので、この凸レンズの焦点距離は15cmです。

 

 

(3)

倒立実像において、凸レンズに物体を近づけていくと、像は遠ざかりながら大きくなっていきます。

これより、光源を遠ざけていくと、像は凸レンズに近づきながら小さくなっていきます。

 

 

(4)

鏡に映った像は光が集まってできていないので、虚像です。

虫めがねの原理の話をしています。

像は光が集まってできていないので、虚像です。

像は光が集まってできているので、実像です。

第2問

 

 

(1)

解答例:光の速さは音の速さよりはるかに大きいから

340m/s×7s=238×10=2380m

3400m÷(340m/s)=10s

 

 

(2)

太鼓の音は0.3秒で校舎の壁に到達することから、

340m/s×0.3s=34×3=102m

 

 

(3)

宇宙空間は真空状態で、粒子が存在しないので、音は伝わりません。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第3問

 

 

(1)

グラスをこすっているので、グラスは振動し、その振動が水にも伝わって、水も振動します。

 

 

(2)

答:音源

 

 

(3)

音は空気中の粒子を伝わって振動します。

空気を抜くと粒子の数が減るので、音が小さくなっていきます。

 

 

(4)

解答例:おんさAの振動がおんさBにも伝わったから

 

 

(5)

答:①空気、②波

第4問

 

 

(1)

単位がNより、重さです。

 

 

(2)

解答例:(月面上と地球上では、)質量が同じでもはたらく重力の大きさが異なるから

 

 

(3)

(2)より、150gの分銅と釣り合います。

【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!