こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

・LINEで数学と理科の質問が気軽にできる!

>>オンライン授業詳細

 

・定期テスト、総合ABC、公立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>オススメ問題集一覧

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中1理科3学期定期テスト(学年末テスト)過去問の解説第1弾です。

 

北海道の札幌圏の中学校の定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

本解説は、『塾技 理科80』の知識をベースに行っています。

 

 

 

>>『塾技 理科80』の解説記事

 

現在の難しい北海道公立高校入試の理科で高得点を狙うなら、『塾技 理科80』は必須です!

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




【PR】初回面談:コロナ予防に最善を尽くします!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、初回面談のお申込みを!(コロナ予防には最善を尽くします

 

注意事項

本記事は、定期テストで70点以上取れるレベルの生徒さんを対象としており、かなり簡潔な解説になっています。

 

中1・中2学力テスト、総合ABC、入試過去問の解説記事には、非常に詳しい解説が載っていますので、興味があればそちらをご覧ください。

>>中1・中2学力テスト過去問解説記事一覧

>>総合ABC過去問解説記事一覧

>>入試過去問解説記事一覧

 

では、解説をしていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第1問

 

 

(1)

角a:入射角、角b:屈折角

 

 

(2)

空気よりガラスの方が密度が大きいので、a>bとなります。

 

 

(3)

光が出入りする媒質が同じなので、空気→ガラスの入射角と、ガラス→空気の屈折角は等しくなります。

よって、a=dの関係が成り立ちます。

 

 

(4)

入射角と屈折角は媒質のみに依存するので、ガラスの厚みを変えても結果は変わりません。

よって、正解はイです。

第2問

 

 

(1)

4マスで1回振動し、4マスは0.002s×4=0.008sに相当するので、振動数は、

1/0.008s=1000/8=250/2=125Hz

 

 

(2)

波形の山から山の間隔が最も狭いCが、最も振動数が大きく、最も音が高いです。

 

 

(3)

振幅が最も大きいBが、最も大きい音です。

 

 

(4)

AとBは波形の山から山の間隔が等しいので、同じ高さの音です。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第3問

 

 

(1)

凸レンズを通った光が集まってスクリーンに投影されているので、倒立実像ができています。

 

 

(2)

C点は凸レンズの焦点距離の2倍の位置なので、焦点距離は40cm/2=20cmです。

 

 

(3)

答:虚像

第4問

 

 

(1)

木片にはたらく重力の大きさは0.8Nで、浮力と釣り合って水に浮いています。

 

 

(2)

4℃の水の密度1.0g/cm3を用いると仮定して、アルキメデスの原理を用いて計算します。

木片が押しのけた水の重さが0.8Nで、木片が押しのけた水の質量は80gです。

これより、木片が押しのけた水の体積は、80g÷(1.0g/cm3)=80cm3

 

 

(3)

アルキメデスの原理を用いて計算します。

木片が押しのけた水の体積が120cm3、4℃の水の密度1.0g/cm3より、木片が押しのけた水の質量は120cm3×1.0g/cm3=120gです。

100gは1Nに相当すると仮定しているので、120gは1.2Nです。

木片にはたらく重力の大きさは0.8Nなので、0.4Nのおもりを乗せます。

0.4Nは40gに相当します。

【PR】初回面談:コロナ予防に最善を尽くします!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、初回面談のお申込みを!(コロナ予防には最善を尽くします