勉強が苦手な子の指導経験20年以上、オンライン家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は月々20,000円(月4回・1回90分)のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

おすすめ高校受験問題集はこちら

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

体験授業のお申し込みはこちら

>>体験授業お申し込み

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中1理科2学期定期テスト(中間・期末)過去問の解説第5弾です。

 

実際に定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




第1問

 

 

(1)

気体A〜Eの中でにおい(刺激臭)がある気体は、アンモニアです。

アンモニアは水に非常によく溶け(20℃の水1cm3に702cm3溶ける)、空気より軽い気体なので、上方置換法(イ)で捕集します。

 

 

(2)

アルミニウムは酸にもアルカリにも溶ける両性金属なので、うすい塩酸に溶けて水素が発生します。

水素は水に溶けにくく、最も軽い気体(空気の約0.07倍)より、水上置換法(ウ)で捕集するのが一般的です(上方置換法でも捕集できます)。

 

 

(3)

(2)の答えが水上置換法であった場合、たまる気体が目に見え、外気と触れないので他の気体と混ざらない、などのメリットが上げられます。

 

 

(4)

アンモニアは水に非常によく溶ける(20℃の水1cm3に702cm3溶ける)気体なので、スポイトから水を押し出すと、アンモニアが一気に溶けこみ、フラスコ内のアンモニアの気体分子が減少して気圧が急激に下がり、フラスコ内へ外気が取り込まれることで、水が勢いよく噴水のように流れ込みます。

アンモニアが水に溶けた水溶液はアルカリ性なので、フェノールフタレイン溶液の色が赤色に変化します。

第2問

 

 

(1)

純粋なパルチミン酸の融点は62.7℃、沸点は360℃です。

状態変化のグラフでは、温度一定の状態が融点または沸点で、融点のときは固体と液体が併存しています。

よって、グラフでは溶け始めがB、溶け終わりがDです。

 

 

(2)

純粋なパルチミン酸の融点は62.7℃、沸点は360℃より、Cの温度では固体と液体が併存しています。

 

 

(3)

答:融点(解説略)

 

 

(4)

同一物質で量が増えると、融点と沸点は変化しませんが、温度一定の時間が長く、グラフの傾きが緩やかになります。

 

 

(5)

純粋なパルチミン酸の融点は62.7℃、沸点は360℃より、約63℃で固体になり始めます。

 

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




第3問

 

 

(1)

グラフより、80℃では塩化ナトリウム(食塩)とミョウバンは両方とも全て溶けていますが、20℃ではミョウバンの溶解度が6gと30g以下になるため、ミョウバンの結晶が析出します。

 

 

(2)

イは塩化ナトリウム、ウはミョウバン(答)、オはホウ酸の結晶です。

 

 

(3)

20℃におけるミョウバンの溶解度は6gより、30g – 6g=24gの結晶が析出します。

 

 

(4)

再結晶の方法の一つは、水溶液を冷やして取り出すです。

 

 

(5)

再結晶の目的は、混合物から不純物を取り除いて、純度の高い物質を取り出すことです。

第4問

 

 

(1)

解答例:突沸を防ぐため(解説略)

 

 

(2)

純粋なエタノールの沸点は78.3℃より、上記の温度がエタノールの沸点付近である試験管Aが、エタノールを最も多く含む混合物です。

 

 

(3)

エタノールはにおいのある引火性の物質なので、液体のにおいをかいだり、火を付けたりして、エタノールの有無を確認することができます。

 

 

(4)

蒸留は、物質の沸点の違いを利用して、液体の混合物を分ける(完璧には分離できない)方法です。

 

 

(5)

火を消すと枝つきフラスコ内部の温度が下がって内圧が下がり外気が取り込まれるので、試験管内部の液体が逆流するのを防ぐために、ガラス管の先を試験管から取り出してから火を消します。

★高校入試おすすめ問題集★

高校受験偏差値45〜50問題集

 

学研の有名基本問題集『中学理科をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、偏差値50が安定して取れるようになるでしょう。

要点→基本練習の順で3冊を最後までやってから復習テストをやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値55問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、『中学 理科 標準問題集』をオススメします。

3冊すべてが終われば偏差値55安定、試験によっては偏差値60を超えることもあります。

基礎〜標準レベルの問題が網羅されているので、理科があまり得意でなくても大丈夫です。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値60問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 理科をオススメします。

3冊やり込めば偏差値60安定、試験によっては偏差値65を超えることもあります。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値65〜70問題集

 

塾技 理科80』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

吸収できたら、偏差値70安定が望めます。

ただし『塾技 理科80』は基礎が完全な状態で挑まないと、時間を無駄にして終わる危険があります(完全に理解するために、家庭教師を付けたほうがよいです)。

基礎に不安があるなら無理せず一段下げて、中学 ハイクラステスト 理科』3冊をやりましょう。やり込めば、偏差値65を超えられます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら