こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>家庭教師のSoraの料金

 

オンライン授業1回・90分 4,000円 のみ

>>オンライン授業詳細

 

・定期テスト、総合ABC、公立高校入試に完全対応!家庭教師のSoraオリジナル教材

>>家庭教師のSoraオリジナル教材

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中1理科1学期定期テスト(中間・期末)過去問の解説第6弾です。

 

北海道の札幌都市圏の中学校の定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

本解説は、『塾技 理科80』の知識をベースに行っています。

 

 

 

>>『塾技 理科80』の解説記事

 

現在の難しい北海道公立高校入試の理科で高得点を狙うなら、『塾技 理科80』は必須です!

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!

 

注意事項

本記事は、定期テストで70点以上取れるレベルの生徒さんを対象としており、かなり簡潔な解説になっています。

 

中1・中2学力テスト、総合ABC、入試過去問の解説記事には、非常に詳しい解説が載っていますので、興味があればそちらをご覧ください。

>>中1・中2学力テスト過去問解説記事一覧

>>総合ABC過去問解説記事一覧

>>入試過去問解説記事一覧

 

では、解説をしていきます。

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第1問(難)

 

 

(1)

蒸散量を正確に測定するために、水面に油を浮かべます。

これにより、試験管内の水の蒸発を防ぐことができます。

 

(2)

葉にワセリンを塗ることで、葉の気孔をふさぎ、蒸散が行われなくなります。

 

 

(3)(4)(5)(6)

蒸散量は、

A=葉の表+葉の裏+茎=7.0cm3/2h

B=葉の裏+茎=5.5cm3/2h

C=葉の表+茎=2.5cm3/2h

より、

葉の表=A-B=D=(葉の表+葉の裏+茎)-(葉の裏+茎)=7.0cm3/2h-5.5cm3/2h=1.5cm3/2h

葉の裏=A-C=E=(葉の表+葉の裏+茎)-(葉の表+茎)=7.0cm3/2h-2.5cm3/2h=4.5cm3/2h=3D

茎=A-D-E=(葉の表+葉の裏+茎)-(葉の表)-(葉の裏)=7.0cm3/2h-1.5cm3/2h-4.5cm3/2h=1.0cm3/2h

第2問

 

 

(1)

解答例:葉が呼吸のみ行うことでデンプンがなくなるから(解説略)

 

 

(2)

解答例:エタノールは可燃性の物質であるから(解説略)

 

 

(3)

解答例:葉の緑色を脱色し、ヨウ素液の色の変化を見やすくするため(解説略)

 

 

(4)

答:ヨウ素液(解説略)

 

 

(5)

答:青紫色(解説略)

 

 

(6)

光合成は植物細胞の細胞質にある葉緑体で行われ、光合成によってグルコース(ブドウ糖)→デンプンが作られます。

葉緑体は、葉の柵状組織、海綿状組織、孔辺細胞にあるので、その部分に色を塗ります。

 

 

(7)

光合成の反応式は、以下の通りです。

水(道管より)+二酸化炭素(気孔より)→酸素(気孔から放出)+デンプン(2糖類のスクロース(ショ糖)に分解され師管へ)

 

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




第3問

 

 

(1)

茎の道管は維管束の内側(b)、葉の道管は維管束(葉脈)の上側(葉の表側)(d)にあります。

 

 

(2)

茎の師管は維管束の外側(a)、葉の師管は維管束(葉脈)の下側(葉の裏側)(e)にあります。

 

 

(3)

答:維管束(解説略)

 

 

(4)

気孔から出入りする気体は、二酸化炭素と酸素です。

光合成では、二酸化炭素が入って酸素が出ます。

呼吸では、酸素が入って二酸化炭素が出ます。

 

 

(5)

答:孔辺細胞(解説略)

第4問

 

 

(1)

ア:接眼レンズ、イ:鏡筒、ウ:レボルバー、エ:対物レンズ、オ:クリップ、カ:ステージ、キ:反射鏡、ク:しぼり、ケ:調節ねじ、コ:アーム

※入試ではここまで細かい知識は問われません。

 

 

(2)

サ:枝つき針、シ:カバーガラス、ス:スライドガラス

 

 

(3)

C→A→B→D

ピントを合わせるとき、近づけてから遠ざけるのがポイントです。

これを軸にして、細かい語句を暗記するとよいでしょう。

 

 

(4)

10×10=100倍(解説略)

 

 

(5)

顕微鏡は、直射日光の当たらない水平な場所で使用します。

 

 

(6)

答:気泡(解説略)

 

 

(7)

ステージ上下式顕微鏡では、上下左右逆の倒立像が見えます。

これより、試料を右上に移動させたい場合、プレパラートを左下に動かします。

 

 

(8)

対物レンズを10倍から40倍に変更すると倍率が4倍になり、視野と明るさは1/16倍になります。

つまり、視野が狭く、暗くなります。

【PR】気軽に初回面談のお申込みを!

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、気軽に初回面談のお申込みを!