勉強が苦手な子の指導経験20年以上、オンライン家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は月々20,000円(月4回・1回90分)のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

おすすめ高校受験問題集はこちら

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

体験授業のお申し込みはこちら

>>体験授業お申し込み

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中1理科1学期定期テスト(中間・期末)過去問の解説第6弾です。

 

実際に定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




第1問(難)

 

 

(1)

蒸散量を正確に測定するために、水面に油を浮かべます。

これにより、試験管内の水の蒸発を防ぐことができます。

 

(2)

葉にワセリンを塗ることで、葉の気孔をふさぎ、蒸散が行われなくなります。

 

 

(3)(4)(5)(6)

蒸散量は、

A=葉の表+葉の裏+茎=7.0cm3/2h

B=葉の裏+茎=5.5cm3/2h

C=葉の表+茎=2.5cm3/2h

より、

葉の表=A-B=D=(葉の表+葉の裏+茎)-(葉の裏+茎)=7.0cm3/2h-5.5cm3/2h=1.5cm3/2h

葉の裏=A-C=E=(葉の表+葉の裏+茎)-(葉の表+茎)=7.0cm3/2h-2.5cm3/2h=4.5cm3/2h=3D

茎=A-D-E=(葉の表+葉の裏+茎)-(葉の表)-(葉の裏)=7.0cm3/2h-1.5cm3/2h-4.5cm3/2h=1.0cm3/2h

第2問

 

 

(1)

解答例:葉が呼吸のみ行うことでデンプンがなくなるから(解説略)

 

 

(2)

解答例:エタノールは可燃性の物質であるから(解説略)

 

 

(3)

解答例:葉の緑色を脱色し、ヨウ素液の色の変化を見やすくするため(解説略)

 

 

(4)

答:ヨウ素液(解説略)

 

 

(5)

答:青紫色(解説略)

 

 

(6)

光合成は植物細胞の細胞質にある葉緑体で行われ、光合成によってグルコース(ブドウ糖)→デンプンが作られます。

葉緑体は、葉の柵状組織、海綿状組織、孔辺細胞にあるので、その部分に色を塗ります。

 

 

(7)

光合成の反応式は、以下の通りです。

水(道管より)+二酸化炭素(気孔より)→酸素(気孔から放出)+デンプン(2糖類のスクロース(ショ糖)に分解され師管へ)

 

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




第3問

 

 

(1)

茎の道管は維管束の内側(b)、葉の道管は維管束(葉脈)の上側(葉の表側)(d)にあります。

 

 

(2)

茎の師管は維管束の外側(a)、葉の師管は維管束(葉脈)の下側(葉の裏側)(e)にあります。

 

 

(3)

答:維管束(解説略)

 

 

(4)

気孔から出入りする気体は、二酸化炭素と酸素です。

光合成では、二酸化炭素が入って酸素が出ます。

呼吸では、酸素が入って二酸化炭素が出ます。

 

 

(5)

答:孔辺細胞(解説略)

第4問

 

 

(1)

ア:接眼レンズ、イ:鏡筒、ウ:レボルバー、エ:対物レンズ、オ:クリップ、カ:ステージ、キ:反射鏡、ク:しぼり、ケ:調節ねじ、コ:アーム

※入試ではここまで細かい知識は問われません。

 

 

(2)

サ:枝つき針、シ:カバーガラス、ス:スライドガラス

 

 

(3)

C→A→B→D

ピントを合わせるとき、近づけてから遠ざけるのがポイントです。

これを軸にして、細かい語句を暗記するとよいでしょう。

 

 

(4)

10×10=100倍(解説略)

 

 

(5)

顕微鏡は、直射日光の当たらない水平な場所で使用します。

 

 

(6)

答:気泡(解説略)

 

 

(7)

ステージ上下式顕微鏡では、上下左右逆の倒立像が見えます。

これより、試料を右上に移動させたい場合、プレパラートを左下に動かします。

 

 

(8)

対物レンズを10倍から40倍に変更すると倍率が4倍になり、視野と明るさは1/16倍になります。

つまり、視野が狭く、暗くなります。

★高校入試おすすめ問題集★

高校受験偏差値45〜50問題集

 

学研の有名基本問題集『中学理科をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、偏差値50が安定して取れるようになるでしょう。

要点→基本練習の順で3冊を最後までやってから復習テストをやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値55問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、『中学 理科 標準問題集』をオススメします。

3冊すべてが終われば偏差値55安定、試験によっては偏差値60を超えることもあります。

基礎〜標準レベルの問題が網羅されているので、理科があまり得意でなくても大丈夫です。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値60問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 理科をオススメします。

3冊やり込めば偏差値60安定、試験によっては偏差値65を超えることもあります。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値65〜70問題集

 

塾技 理科80』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

吸収できたら、偏差値70安定が望めます。

ただし『塾技 理科80』は基礎が完全な状態で挑まないと、時間を無駄にして終わる危険があります(完全に理解するために、家庭教師を付けたほうがよいです)。

基礎に不安があるなら無理せず一段下げて、中学 ハイクラステスト 理科』3冊をやりましょう。やり込めば、偏差値65を超えられます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら