勉強が苦手な子の指導経験20年以上、オンライン家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は月々20,000円(月4回・1回90分)のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

体験授業のお申し込みはこちら

>>体験授業お申し込み

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『英単語ターゲット1900』を紹介します。

 

『英単語ターゲット1900』(改訂版)の前にやる問題集

 

『英単語ターゲット1400』を、9割ほど覚えてください。

>>『英単語ターゲット1400』の解説記事

『英単語ターゲット1900』(改訂版)とは

『英単語ターゲット1900』とは、大学受験の必須単語帳と呼ばれる単語帳です。

 

『英単語ターゲット1900』が終われば、ほとんどの大学の英文がなんとか読めるようになるでしょう。

『英単語ターゲット1900』(改訂版)のレベル・特徴

『英単語ターゲット1900』(改訂版)のレベル

『英単語ターゲット1900』のレベルは、共通テスト~国公立二次試験・難関私大レベルです。

 

旧帝大合格者の多くが、『英単語ターゲット1900』をやっています。

 

つまり、『英単語ターゲット1900』が終われば、難関大学合格にかなり近づくということです。

 

しかし、大学入試は基礎が最重要なので、いきなり『英単語ターゲット1900』ではなく、『英単語ターゲット1200』からスタートすることをオススメします。

『英単語ターゲット1900』(改訂版)の特徴

『英単語ターゲット1900』は、共通テスト~国公立二次試験・難関私大合格に必要な単語を効率的に覚えるための工夫がたくさんあるのが特徴です。

 

特に大きな特徴は、音声アプリ「ターゲットの友」です。

このアプリがあるだけでも、『英単語ターゲット1900』を買う価値ありです(使い方は後述します)。

『英単語ターゲット1900』(改訂版)の中身

<『英単語ターゲット1900』の中身>

Part 1 常に試験に出る基本単語800語

Part 2 常に試験に出る重要単語700語

Part 3 ここで差がつく難単語400語

巻末特集 英検(R)準1級によく出る単語200、TEAP(R)によく出る単語140

『英単語ターゲット1400』が終わっていたら、やるのは900語程度

『英単語ターゲット1900』の「Part 1 常に試験に出る基本単語800語」と「Part 2 常に試験に出る重要単語700語」の1500語の多くが、『英単語ターゲット1400』と重複しています。

 

ひとつひとつ数えたわけではありませんが、およそ1000単語が『英単語ターゲット1400』と重複しているように感じます。

 

『英単語ターゲット1400』が終わっているなら、『英単語ターゲット1900』で新しく覚えるのは、Part 1とPart 2の500単語と「Part 3 ここで差がつく難単語400語」ということになります。

 

『英単語ターゲット1400』がヤマだということです。

『英単語ターゲット1900』(改訂版)の対象者

『英単語ターゲット1900』の対象者は、難関大学を目指す人です。

 

共通テストで8割以上を目指す場合も、『英単語ターゲット1900』までやりましょう。

『英単語ターゲット1900』(改訂版)の使い方・やり方

<『英単語ターゲット1900』のやり方>

① 音声アプリ「ターゲットの友」を使い、単語を2倍速で再生して50回読む

② 単語のみをテスト形式でやる。忘れてOKなので無理やり覚える。10日目標

③ 3日くらい放置する

④ 単語のみをテスト形式で復習する。1〜2日で一気に復習する

⑤ 音声アプリ「ターゲットの友」を使い、例文を間隔1秒・通常速度で再生して読む。1日1〜2Section目標で、最低10周

⑥ 単語の復習を間隔を開けながら平行してやる

 

『英単語ターゲット1900』を上記の手順でやることで、2ヶ月程度で8割ほど覚えられるでしょう。

 

英単語は、効果的な学習法として、あえて一定期間復習をしないやり方があります。

 

短期集中で暗記→一定期間放置→短期集中で覚え直す

こうすることで、英単語が長期記憶化でき、長文の単語を無意識レベルで自然に読むことができるようになります。

 

『英単語ターゲット1900』の音声アプリ「ターゲットの友」は非常に使えるので、必ずインストールしてください。

『英単語ターゲット1900』(改訂版)は買いか!?

買いです。

大学受験をする全ての学生にオススメします。

 

『英単語ターゲット1900』(改訂版)が終わったら次にやること

志望校の過去問演習をやってください。