勉強が苦手な子の指導経験20年以上・上位校にも完全対応、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は1回・90分 3,250円〜4,500円

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

・公立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

>>お問い合わせ

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、2022年に行われた、静岡県公立高校入試「理科」の問題・解答・詳しい解説を公開致します。

 

※基本問題とやや難の問題が多数と、難易度の差が大きいセットでした。

 

↓↓Google広告↓↓




大問1 小問集合

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

 

(1)

解答:子房

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

(2)

解答:イ

解説:

弦の張りを強くすると、音が高くなります。音が高くなるとは、振動数が多くなるということです。

この状態で元の弦と同じ振動数の音を出すには、弦を太くしたり、弦の長さを長くしたりします。

 

(3)

解答:2Mg+O2→2MgO

解説:

マグネシウムの燃焼により、酸化マグネシウムが生じます。

化学反応式は、

Mg+O2→MgO

酸素原子は、左辺2個・右辺1個より、右辺のMgOを2倍します。

Mg+O2→2MgO

マグネシウム原子は、左辺1個・右辺2個より、左辺のMgを2倍します。

2Mg+O2→2MgO

全ての原子を見たので、これで化学反応式は完成です。

 

(4)

解答:海上と比べて陸上の方が気圧が低く、海から陸に向かって風が吹く。

解説:

暖かいと上昇気流が生じて気圧が低くなり、冷たいと下降気流が生じて気圧が高くなります。

風は冷たい方(気圧が高い)から暖かい方(気圧が低い)へ吹きます。

夏の穏やかな晴れた日の昼間は、陸上が暖かく、海上が冷たいので、海から陸へ風(海風)が吹きます。

 

↓↓Google広告↓↓




大問2 食物連鎖

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

 

(1)①

解答:イ、ウ

解説:

ア:魚類と両生類(幼生)に共通する特徴です。

イ:両生類(成体)とハチュウ類と鳥類とホニュウ類に共通する特徴です。

ウ:魚類・両生類・ハチュウ類・鳥類・ホニュウ類すべてに共通する特徴です。

エ:魚類とハチュウ類に共通する特徴です。

 

(1)②

解答:あ・・・中枢、い・・・末しょう

解説:

刺激は、感覚神経が首から下にある場合、

感覚器官→感覚神経→せきずい→大脳→せきずい→運動神経→運動器官

の順で伝わっていきます。

 

(1)③

解答:トカゲの卵には殻があり、乾燥に強いから。

解説:

ハチュウ類は乾燥に適したからだの作りをしています。

 

(1)④

解答:増加・・・bの生物を食物とするcの生物が減少したから。、減少・・・bの生物の食物となるaの生物が不足するから。

解説:

解答の通りです。

 

(2)

解答:記号・・・A、理由・・・微生物がデンプンを分解したから。

解説:

試験管Aには分解者がいるため、有機物であるデンプンを入れると、分解者によりデンプンが分解されます。ゆえに、ヨウ素液の色は変化しません。

試験管Bには分解者がいないため、デンプンは分解されず、ヨウ素液が青紫色に変化します。

 

(3)

解答:動物は有機物をとり入れることが必要であるが、有機物をつくることができるのは生産者だけだから。

解説:

動物は、酸素があることで外呼吸ができます。

しかし、有機物が無いと呼吸(内呼吸)ができません。

この有機物は植物の光合成によって作られ、動物は有機物を作ることができません。

 

↓↓Google広告↓↓




大問3 磁界の総合問題・消費電力 ★(2)①と(3)③が難

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

 

(1)①

解答:不導体、または絶縁体

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

(1)②

解答:ア

解説:

電流の向きに留意して、磁界の向きは反時計回りです。

磁力線は、N極から出ます。

 

(2)① ★難

解答:ア、ウ

解説:

図10において、電流の向きは点Bの奥へ、磁界の向きは点Bから左向きです。

図10で、点Bがエの位置で受けた電磁力により、アの位置まで惰性で回ります。

しかし電流と磁界の向きを変えずにいると、点Bがアからイの位置へ回るとき、回転方向と逆向きの力を受けるため、回転することができません。

そこで、点Bがアの位置にきたときに、電流の向きを逆向きにすることで、回転方向と同じ向きの力を与えることができます。

磁界と電流の向きをこの状態に保つと、点Bはウの位置まで回転しますが、ウからエの位置へ回るときに、再び回転方向と逆向きの力を受けるので、1回転するには、ウの位置で電流の向きを逆向きにする必要があります。

 

(2)②

解答:あ・・・イ、い・・・エ

解説:

水力発電は、以下のエネルギーの流れで電気を得ます。

水が持つ位置エネルギー(ダム)→水が持つ運動エネルギー(水路)→水車の運動エネルギー→電気エネルギー

 

(3)①

解答:

解説:

抵抗(電熱線)に対して、電流計は直列に、電圧計は並列に接続します。

 

(3)②

解答:

解説:

電熱線Pの消費電力は4Wで、上昇温度は2℃です。

電熱線Qの消費電力は8Wで、上昇温度は4℃です。

電熱線Qの消費電力は12Wで、上昇温度は8℃です。

以上の3点と原点を通る直線を書いて、答えが得られます。

ところで、電熱線から放出された熱エネルギーが、すべて水温上昇に使われた場合、以下の式が成り立ちます。

P[W]×t[s]=4.2×水の質量[g]×上昇温度[℃]

⇔ 上昇温度[℃]=P[W]×(t[s]/(4.2×水の質量[g]))

上式より、電流を流す時間t[s]と水の質量[g]が一定のとき、上昇温度[℃]は消費電力P[W]に比例します。

しかし問題文には、「電熱線から放出された熱エネルギーが、すべて水温上昇に使われた」という条件が書かれていないので、上式で考察するのは正確ではありません。

問題文には「図12をもとにして」と書かれているので、素直にそれに従って解かねばならないことに注意してください。

問題文に忠実に解くことが、公立高校入試を解く上で重要です。

 

(3)③ ★やや難

解答:12.5

解説:

電熱線Qの消費電力=8W=42/R ⇔ 電熱線Qの抵抗=2Ω

電熱線Rの消費電力=16W=42/R ⇔ 電熱線Qの抵抗=1Ω

直列回路より、合成抵抗=2Ω+1Ω=3Ωです。

回路全体の電圧=7.5Vより、回路全体の電流=7.5V/3Ω=2.5Aです。

直列回路では、各抵抗に流れる電流の大きさは等しいので、

電熱線Qの消費電力=(2.5A)2×2Ω=(5/2)2×2=25/2=12.5W

大問4 地層 ★(2)③がやや難

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

 

(1)

解答:示準化石

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

(2)①

解答:エ

解説:

れきは直径2mm以上、砂は直径2〜1/16mm、泥は直径1/16mm以下で区分けされます。

 

(2)②

解答:流水によって運ばれたから。

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

(2)③ ★やや難

解答:1.4

解説:

凝灰岩(火山灰)の層の上面の標高は、

A地点:38m-9m=29m

B地点:40m-8m=32m

C地点:50m-11m=39m

これより、A地点→B地点→C地点の順で直線で見ると、この順で標高が高くなっていることが分かります。

A地点とB地点の水平距離は0.6km、標高差は3mです。

B地点とC地点の標高差は7mであるので、水平距離を比例式を立てて求めます。

x:7m=0.6km:3m=0.2km:1m=1.4km:7m

⇔ x=1.4km

大問5 月・星・金星 ★(2)②が難

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

 

(1)①

解答:イ

解説:

ア:月は地球の周りを回る衛星です。

イ:正しい。月は天体の一つです。

ウ:月は恒星ではありません。

エ:月の満ち欠けの周期は、約29.5日です。

 

(1)②

解答:地球の影に入る

解説:

日食は新月、月食は満月のときに起こります。

日食では、太陽が新月の東側(左側)から入り、太陽の右側が欠けていきます。

月食とは、地球の影が満月の東側(左側)から入り、月の左側が欠けていきます。

 

(2)①

解答:b→c→a

解説:

星の年周運動では、星は東から西へ動いて見えるので、午後9時で統一すると、bの星が最も東側に、aの星が最も西側にあります。

よって、観察した日は、b→c→aの順です。

 

(2)② ★難

解答:ウ

解説:

問題文より、金星は0.62年で360°公転するので、2か月=1/12年=1/6年では、

1/6年:x=0.62年:360°

⇔ x=60/0.62=6000/62≒100°

地球の公転周期は360°/年であるので、2か月では360°/年×1/6年=60°公転します。

回転差は約40°(100°-60°)であるので、図18から2か月後の金星は、よいの明星で地球にかなり近づいた状態です。

このときの金星を地球から肉眼で見ると、右側が細長くかつ大きく見えます。

天体望遠鏡で見た場合、左側が細長くかつ大きく見えます。

大問6 気体の性質・中和 ★(2)③④がやや難

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

静岡県公立高校入試理科2022年(令和4年)過去問題

 

(1)①

解答:イ

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

(1)②a

解答:a・・・試験管Pの中にあった空気が含まれているから。

解説:

解答の通りです。

重要事項なので、必ず覚えましょう。

 

(1)②b

解答:b・・・空気よりも密度が大きいから。

解説:

二酸化炭素は空気の1.5倍の重さがあるので、下方置換法で捕集することもできます。

 

(1)②c

解答:c・・・ア

解説:

酸性の水溶液を選べばよいです。

ア:酸性の水溶液になるので、正しい。

イ:中性の水溶液になります。

ウ:中性の水溶液になります。

エ:アルカリ性の水溶液になります。

 

(2)①

解答:1.5

解説:

溶質(溶けているもの)の質量=50g×0.03=5×0.3=1.5g

 

(2)②

解答:中和

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

(2)③ ★やや難

解答:3/4n

解説:

HCl→H++Cl

NaOH→Na++OH

H++OH→H2O

Na++Cl→NaCl

HCl+NaOH→NaCl+H2O

これより、水酸化物イオンn個と、水素イオンn個が中和します。

よって、図21において、水酸化ナトリウム水溶液8cm3に含まれる水酸化物イオンの個数n個です。

1cm3あたりn/8個であるので、6cm3では、(n/8)×6=3/4n個。

 

(2)④ ★やや難

解答:24

解説:

ビーカーBとCには、n個の水酸化物イオンが含まれています。

ビーカーBにおいて、3cm3のXにはn/8×3=3/8n個の水酸化物イオンが含まれているので、15cm3のYにはn-3/8n=5/8n個の水酸化物イオンが含まれています。

ビーカーCでは、すべてYの水酸化ナトリウム水溶液であり、n個の水酸化物イオンが含まれています。15cm3で5/8n個であるので、acm3とおいて比例式を立てると、

15cm3:5/8n個=acm3:n個=5/8a:5/8n

5/8a=15

a=15×8/5cm3=24cm3

★高校入試おすすめ問題集★

高校受験偏差値45〜50問題集

 

 

 

学研の有名基本問題集『中学理科をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、偏差値50が安定して取れるようになるでしょう。

要点→基本練習の順で3冊を最後までやってから復習テストをやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値55問題集

 

 

 

高校入試に強い受験研究社の、『中学 理科 標準問題集』をオススメします。

3冊すべてが終われば偏差値55安定、試験によっては偏差値60を超えることもあります。

基礎〜標準レベルの問題が網羅されているので、理科があまり得意でなくても大丈夫です。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値60問題集

 

 

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 理科をオススメします。

3冊やり込めば偏差値60安定、試験によっては偏差値65を超えることもあります。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値65〜70問題集

 

塾技 理科80』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

吸収できたら、偏差値70安定が望めます。

ただし『塾技 理科80』は基礎が完全な状態で挑まないと、時間を無駄にして終わる危険があります。

基礎に不安があるなら無理せず一段下げて、中学 ハイクラステスト 理科』3冊をやりましょう。やり込めば、偏差値65を超えられます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら