>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

 

個別指導塾まさ

ICTコース(定額で問題が解き放題、進捗確認と受験相談付き)と授業コース(オンライン個別指導と家庭教師)を用意しています。ICTコースは月3,000円〜月5,000円のみ、授業コースは1回70分 3,000円〜です。北大院卒、指導経験20年以上。当塾は中上位高校志望の子が多いですが、勉強が苦手な子も多数在籍しています。今の学力は不問なので、気軽にお申し込みください。

>>教師紹介・料金・授業内容
>>体験授業かんたんお申し込み
>>お問い合わせ

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)とは

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)とは、『教科書ワーク』で有名な、大手出版社の文理の中学理科のハイレベル問題集です。

 

トップレベル公立高校、難関私立・国立高校を目指す子に向けて、ハイレベルな問題が多数収録されています。

 

Kindle(電子書籍)も利用可能なのが、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の最大の特徴です。

このレベル帯の問題集では、Kindle(電子書籍)が使えるのは、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)だけです。

 

最新の学習指導要領に、完全対応しています。

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の特徴・レベル

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の特徴

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、ハイレベルな問題が多数収録されていることが特徴です。

 

とくに、Kindle(電子書籍)も利用可能なのが、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の最大の特徴です。

このレベル帯の問題集では、Kindle(電子書籍)が使えるのは、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)だけです。

 

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、難関私立・国立高校レベル(本書ではレベル3)よりも、公立高校入試標準〜差が付くレベル(本書ではレベル1と2)がボリュームゾーンです。

また、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、要点のまとめの部分は省かれており、問題演習を沢山する形式になっています。

 

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、トップレベル公立高校に向けた問題演習として、オススメします。

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の難易度・レベル

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の難易度(レベル)は、公立高校入試標準〜難関私立・国立高校レベルです。

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の対象者

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の対象者は、偏差値65以上のトップレベル公立高校を目指す子です。

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の使い方・やり方

以下のサイクルでやることで、知識があまり無くても気楽に取り組むことができます

① 今日やるページを決める。

② 問題を読む。

③ 5秒ほど考える。

④ 解けそうなら手を動かす、分からないならすぐに解説を読む。
→ウンウン悩むのは時間の無駄。他の科目の勉強時間が減るだけです。また、悩んで疲れると、勉強の効率が下がります。高校入試は5教科の合計点で合否が決まるので、理科だけに時間と労力をかけすぎないこと。

⑤ 間違えた問題は、
計算問題:すぐに解き直す。解説の通りに解けることを重視すること。
知識問題:気にせず次の問題に行く。

⑥ 目標ページまで解き終わったら、
計算問題:間違えた問題のみ解き直す。
知識問題:すべて解き直す。このとき、頭の中で1問解いたらすぐに解説を読んで答え合わせをして進めていく。

⑦ 2周目以降は以下の方法でやる。3周目標。
計算問題:不安な問題にチェックを入れ、2周目以降はそれらの問題のみを集中的にやる。
知識問題:知識抜けを防ぐため、全問やる。頭の中で1問解いたらすぐに解説を読んで答え合わせをして進めていくとよい。

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は買いか!?

『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、ハイレベルな問題が多数収録されていることが特徴です。

 

とくに、Kindle(電子書籍)も利用可能なのが、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)の最大の特徴です。

このレベル帯の問題集では、Kindle(電子書籍)が使えるのは、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)だけです。

 

しかし、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、難関私立・国立高校レベル(本書ではレベル3)よりも、公立高校入試標準〜差が付くレベル(本書ではレベル1と2)がボリュームゾーンです。

また、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、要点のまとめの部分は省かれており、問題演習を沢山する形式になっています。

 

これらのことから、『ハイクラス徹底問題集 理科』(中1・中2・中3)は、トップレベル公立高校に向けた問題演習として、オススメします。

 

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら