こんにちは、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・料金は1回・90分 4,000円 のみ

>>料金と授業内容(対面・オンライン授業)

 

・家庭教師のSoraを詳しく知りたい方へ!

>>家庭教師のSoraプロフィール

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『速読英単語 中学版 改訂版』を紹介します。

 

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧

家庭教師のSoraオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のSoraオススメ問題集と差がつく正しい使い方(公立・私立高校レベル別)

『速読英単語 中学版 改訂版』の前にやる問題集

教科書ワーク 英語』で、文法を固めてください。

 

※学校の教科書のものを使用ください。

>>北海道の各地域の公立中学校の教科書一覧

 

 

 

『速読英単語 中学版 改訂版』とは

『速読英単語 中学版 改訂版』とは、長文読解&リスニング対策の問題集です。

 

『速読英単語』は、大学受験の世界では非常に有名な問題集です。

『速読英単語 中学版 改訂版』は、その中学版ということで、期待が持てます。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『速読英単語 中学版 改訂版』の特徴・レベル

『速読英単語 中学版 改訂版』の特徴

『速読英単語 中学版 改訂版』は、公立高校入試基本レベルの長文(約50〜110語)を使って、長文読解とリスニング対策が出来ることが特徴です。

 

『速読英単語 中学版 改訂版』にある60題の長文を通じて、2274語の単語を覚えることができます。

2021年4月からの学習指導要領改訂により、小学生から中学生の間におよそ2200〜2500語を学習することになりますが、『速読英単語 中学版 改訂版』でほぼカバーすることができます。

 

※単語と文法は『教科書ワーク 英語』で大丈夫です。『速読英単語 中学版 改訂版』は、リスニング&長文読解問題集として威力を発揮します。

『速読英単語 中学版 改訂版』の中身

<『速読英単語 中学版 改訂版』の中身>

第1章 小学英語の復習 長文8題

第2章 中学1年レベル  長文17題

第3章 中学2年レベル  長文14題

第4章 中学3年レベル  長文21題

『速読英単語 中学版 改訂版』は音声をダウンロードして使う(無料)

『速読英単語 中学版 改訂版』にある60の長文すべてに音声が付属します。

 

音声は、以下のいずれかの方法で再生できます。

・各英文番号の英文ページにあるQRコードを読み取る

・サイトにアクセスしパスワードを入力してダウンロードする

 

『速読英単語 中学版 改訂版』は、リスニング&長文読解として威力を発揮する問題集なので、音声は必ず利用してください。

『速読英単語 中学版 改訂版』のレベル

『速読英単語 中学版 改訂版』は、公立高校入試基本レベルの長文(約50〜110語)です。

 

『速読英単語 中学版 改訂版』がマスターできたら、公立入試で70点安定するはずです。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『速読英単語 中学版 改訂版』と『速読英単語 入門編』との違い

大学受験の入門編として、『速読英単語 入門編』があります。

 

 

『速読英単語 中学版 改訂版』と『速読英単語 入門編』の違いは、難易度です。

 

『速読英単語 入門編』は高校入学〜受験準備レベルなので、高校入試対策もできそうな気がします。

 

確かに、『速読英単語 入門編』は難関私立・国立高校対策として使えます。

 

しかし、『速読英単語 入門編』は公立高校入試レベルを超えているので、公立高校を志望する子は『速読英単語 中学版 改訂版』を使いましょう。

『速読英単語 中学版 改訂版』が終わったら、『ハイパー英語教室中学英語長文 2(入試長文がすらすら読める編)』をオススメします。

『速読英単語 中学版 改訂版』の対象者

『速読英単語 中学版 改訂版』は、文法はある程度分かるが、長文問題が苦手な子を対象としています。

 

『速読英単語 中学版 改訂版』は、入試対策を始める全ての子が使うべき問題集だと言えます。

 

↓↓↓下に続く↓↓↓




『速読英単語 中学版 改訂版』の使い方・やり方

① リスニング(オーバーラッピング)

① リスニング

→英文を見ないで、長文の内容がある程度分かるまで聞く。 最低でも3回以上聞くこと。

 

② 長文を読む

→リスニングで聞き取れなかった単語を確認。

 

③ リスニング

→長文の内容がしっかり分かるまで聞く。 英文を見てもOK。

 

④ オーバーラッピング

→音声に被せるようにして、音読をする。これをオーバーラッピングという。最低でも3回以上やること。

 

⑤ 長文を読む

→英文を黙読する。

 

上記の手順でやることで、1つの長文を10〜20分程度で終わらせられるはずです。

 

ただ読んで解くだけでもある程度効果が得られるでしょう。

が、ここで読むより負荷の高い作業であるリスニングを取り入れることで、短期間でより力が付くはずです。

② リスニング(シャドウイング)

オーバーラッピングで第4章60番の長文まですべて終わったら第1章1番の長文に戻り、シャドウイングを取り入れて繰り返します。

 

① リスニング

→英文を見ないで、長文の内容がある程度分かるまで聞く。 最低でも3回以上聞くこと。

 

② 長文を読む

→リスニングで聞き取れなかった単語を確認。

 

③ オーバーラッピング

→最低でも3回以上やること。

 

④ シャドウイング

→聞こえてくる英文のすぐ後ろを追うようにして、音読をする。これをシャドウイングという。最低でも3回以上やること。

③ 自由英作文対策(ディクテーション)

※自由英作文対策は『ハイパー英語教室中学英語長文 1』をオススメしますが、『速読英単語 中学版 改訂版』でも大丈夫です。

① リスニング

→英文を見ないで、長文の内容がある程度分かるまで聞く。 最低でも3回以上聞くこと。

 

② ディクテーション

→音声で読み上げられる英語を書き取る。これをディクテーションという。1日1長文目標でやるとよい。

『速読英単語 中学版 改訂版』は買いか!?

『速読英単語 中学版 改訂版』は、公立入試対策を始める全ての子にオススメできる問題集です。

 

長文問題対策として、『速読英単語 中学版 改訂版』は買いです。

 

『速読英単語 中学版 改訂版』の次にやる問題集

公立高校入試の超長文対策として、『ハイパー英語教室中学英語長文 2 改訂版(入試長文がすらすら読める編)』をやってください。

 

★体験授業のお申し込みはこちらです!★

家庭教師のSoraには、150名以上の志望校合格実績があります。

 

料金は「1回・90分 4,000円 のみ」と、プロ家庭教師の相場の半額以下です。

 

家庭教師のSoraに興味があれば、体験授業のお申込みを(オンライン授業もやっております!