勉強が苦手な子の指導経験20年以上、オンライン家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は月々20,000円(月4回・1回90分)のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

体験授業のお申し込みはこちら

>>体験授業お申し込み

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』を紹介します。

 

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』とは

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』とは、大手出版社の文英堂が出版する、中学英語の文法問題集です。

 

2021年4月からの学習指導要領改訂に、完全対応しています。

 

文英堂は、

『ぐーんっとやさしく』→『実力アップ』→『最高水準問題集』→『最高水準問題集 特進』

という流れで、最上位高の入試までをカバーしています。

 

北海道公立高校入試でしたら、『最高水準問題集』と『最高水準問題集 特進』はやり過ぎなので、不要です。

 

が、『ぐーんっとやさしく』シリーズは公立高校入試に合っているので、やる価値ありです。

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』の特徴・レベル

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』の特徴

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』は、中学英語の文法問題集です。

 

英語が苦手な子でも無理なく学べるように、配慮されています。

 

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』は、以下のような構成になっています。

<『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』>

・「ここがカギ!」:文法の説明と重要例文

・「解いてみよう!」:短め〜やや長めの一文の文法問題、並び替え問題

・「確認テスト」:「解いてみよう!」と同じ問題だが、レベルがやや高め

 

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』には、全ての問題に音声が付属します。

 

「解いてみよう!」と「確認テスト」の見開きのページの右上にQRコードがあり、スマホで読み込んで聞くことができます。

リスニング対策として活用するとよいでしょう。

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』のレベル

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』のレベルは、超基礎〜公立入試基本レベルです。

 

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』が終われば、公立高校入試英語の標準レベルの長文を、比較的スムーズに読めるようになるはずです。

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』の対象者

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』の対象者は、偏差値50までの公立高校を目指す子です。

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』の使い方・やり方

まず、「ここがカギ!」の文法の説明と重要例文を読みます。

 

次に、「解いてみよう!」の問題の解答欄に答えをきれいに書き写し、音声を聞きながら3周読んでください。

このとき、「確認テスト」はやりません。

 

最後に、「確認テスト」自力で解いてください。

このとき、別冊の解答をそばに置き、問題を読んで解いたらすぐに答え合わせをしながら進めてください。

書いているときは、頭があまり働いていないことが多いです。読んで解くことで、頭がより働き速く終わらせられます(書く方がやる気が出るなら書いてOKです)。

間違えそうなスペルは、書いてください。

間違えた問題にチェックを入れ、それらの問題のみを音声を聞きながら3周して完了です。

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』は買いか!?

『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』が終われば、公立高校入試英語の標準レベルの長文を、比較的スムーズに読めるようになるはずです。

 

偏差値50までの公立高校を目指す子は、『ぐーんっとやさしく 中1中2中3 英語』は、検討の価値ありです。

 

★家庭教師のそらオススメ問題集一覧★

家庭教師のそらオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のそらオススメ問題集と差がつく正しい使い方(偏差値別)