勉強が苦手な子の指導経験20年以上、オンライン家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は月々20,000円(月4回・1回90分)のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

おすすめ高校受験問題集はこちら

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

体験授業のお申し込みはこちら

>>体験授業お申し込み

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、中1理科1学期定期テスト(中間・期末テスト)過去問の解説第10弾です。

 

実際に定期テストで出題された問題の中で、とくに差が付く問題を厳選して解説します。

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




第1問

 

(1)

実験①より、Yは水に溶けにくいかたくり粉(デンプン)です。

実験②より、Xは有機物である砂糖、Zは無機物である食塩です。

 

(2)

X(砂糖)とY(デンプン)は有機物より、充分な酸素のもとで燃やすと、水と二酸化炭素に化学変化します。

 

(3)

スチールウールが燃焼すると酸素と化合して二酸化炭素に化学変化しますが、気体は発生しないので、石灰水の色は変化しません。

また、スチールウールは無機物なので、水と二酸化炭素は発生しないことから、石灰水の色は変化しないことが予想できます。

第2問

 

(1)

ガスバーナーのネジは、反時計回り(b)に回すと開き、時計回りに(a)に回すと閉じます。

Bはガスが供給されるコックの側にあるので、ガスの量を調節するガス調節ねじ、Aは空気(酸素濃度)を調節する空気調節ねじです。

火を付けるときにはガスが必要なので、ガス調節ねじ(B)を反時計回り(b)に回して開き、ガスを供給します。

 

(2)

常識的に考えて、アとエが誤りであることが分かります。

 

(3)

火を付けるときは、上流(元栓)から順に開いていきます。

ゆえに、ア→オ→カ→ウ→エ→イ、という流れになります。

アは元栓を開く前段階として、必要な操作となります。

 

(4)

ガスバーナーに火を付けるとき、マッチの火を口の下側に近づけて付けます。

 

(5)

オレンジ色の炎は酸素不足、青色の炎は酸素が足りているサインです。

 

(6)

火を消すときは、下流(空気調節ねじ(A))から順に閉じていきます。

閉じるときは、調節ねじを時計回り(a)に回します。

 

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




第3問

 

(1)

密度の単位(g/cm3)に留意して、

4.7g÷5.0cm3=47/5×(1/10)=9.4×(1/10)=0.94g/cm3

 

(2)

密度の単位(g/cm3)に留意して、

1.05g/cm3×12cm3=105×(10+2)×(1/100)=(1050+210)×(1/100)=1260/100=1.26g

 

(3)

密度の単位(g/cm3)に留意して、

4.6g÷0.92g/cm3=460/92=5.0cm3

第4問(難)

 

(1)<難>

密度の単位(g/cm3)に留意して、

同一質量(g)で液体Aは体積(cm3)が大きいので、密度はA<Bです。

同一体積(cm3)では、質量(g)比は密度(g/cm3)の比となるので、Bの方が大きくなります。

同一質量(g)では、体積(cm3)比は密度(g/cm3)の逆比となるので、Aの方が大きくなります。

以上より、正解はエです。

 

(2)

表より、水銀の比重=密度より大きいのは金なので、固体の金は液体の水銀に沈みます。

 

(3)

密度の単位(g/cm3)に留意して、

固体の鉄の密度は7.87g/cm3、質量(g)は5.0gより、

体積(cm3)=5.0g÷(7.87g/cm3)=500/787=0.63・・・≒0.6cm3

 

(4)<難>

密度の単位(g/cm3)をよく見ると、密度とは質量(g)と体積(cm3)の比で、密度は物質の温度によって一定であることから、同一温度においては、質量(g)と体積(cm3)の比は常に一定です。

ゆえに、4cm3:10.8g=1cm3:2.7g=3cm3:8.1gとなり、8.1gが正解です。

質量(g)と体積(cm3)の比が1cm3:2.7gより、密度は2.7g/cm3なので、表よりこの物質は固体のアルミニウムです。

★高校入試おすすめ問題集★

高校受験偏差値45〜50問題集

 

学研の有名基本問題集『中学理科をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、偏差値50が安定して取れるようになるでしょう。

要点→基本練習の順で3冊を最後までやってから復習テストをやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値55問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、『中学 理科 標準問題集』をオススメします。

3冊すべてが終われば偏差値55安定、試験によっては偏差値60を超えることもあります。

基礎〜標準レベルの問題が網羅されているので、理科があまり得意でなくても大丈夫です。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値60問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 理科をオススメします。

3冊やり込めば偏差値60安定、試験によっては偏差値65を超えることもあります。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値65〜70問題集

 

塾技 理科80』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

吸収できたら、偏差値70安定が望めます。

ただし『塾技 理科80』は基礎が完全な状態で挑まないと、時間を無駄にして終わる危険があります(完全に理解するために、家庭教師を付けたほうがよいです)。

基礎に不安があるなら無理せず一段下げて、中学 ハイクラステスト 理科』3冊をやりましょう。やり込めば、偏差値65を超えられます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら