こんにちは、家庭教師のSora代表のまさです。

 

今回は、2018年に行われた、北海道学力テスト総合Cの数学の解説をします。

 

スポンサーリンク



2018年の北海道学力テスト総合Cの数学の平均点(結果)

今回の総合Cの数学は、入試本番と比較すると、標準問題より難しく、裁量問題より易しいと感じました。

 

目標点は、大麻高校レベルで6割(36点)、北広島高校レベルで7割(42点)という感じでしょう。

 

江別第一中学のとあるクラスでは、平均点が25点だったそうです。

 

私は、江別第一中学の生徒を2名担当していますが、それぞれ、23点と26点と微妙な点数でした。

(代わりに、国語と社会で高得点が取れた。一人は国語がほぼ満点だった)

 

今後は総合ABCの問題の解き直しを完璧にして、入試に向かわせます。

 

次に、2018年に行われた、北海道学力テスト総合Cの数学の問題と解説を紹介します。

 

スポンサーリンク



2018年の北海道学力テスト総合Cの数学の解説

以下、2018年に行われた、北海道学力テスト総合Cの数学の問題と解説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



北海道学力テストの対策・勉強法・問題集

北海道学力テスト総合ABCの対策ですが、学校の授業を真面目に受け、学校で出されたワークをコツコツやっていれば、良いだけです。

 

北海道学力テスト総合ABCに特化した対策は、ありません。

塾では、「総合ABC対策講座」と名づけて金を取っていますが、受ける必要はないでしょう。

 

それを受けるくらいなら、今からでも学校の授業を真面目に受け、学校のワークをやって下さい。

 

並行して、書店で売られている問題集をやりましょう。

 

当社では、以下の問題集を推薦しています。

 

 

 

 

 

 

問題集のやり方が分からなければ、当社の方で指導させて頂きます。

 

一度お問い合わせください。

当社に興味があれば初回面談の申込みを!

当社はこれまで、100名以上の生徒さんを、志望校に合格させてきました。

 

当社の授業料は「1時間1,500円」と、相場の半額以下です。

 

当社に興味を持たれたら、ぜひ初回面談のお申込みを!

 

初回面談のお申込みは、こちらです。

 

>>初回面談お申込み