中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

個別指導塾まさ

オンライン授業をやっています。授業料は月16,000円(週2回)です。お手元にある問題集が使えます。指導経験20年以上。勉強がとても苦手な子の指導が得意です。中上位公立高校にも対応出来ますので、気軽にお申し込みください。

>>教師紹介・料金・授業内容
>>体験授業かんたんお申し込み
>>お問い合わせ

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022年)問題・解答・解説

大問1 気体の発生法

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:水上置換法

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問2

解答:イ

解説:

水上置換法は、水に溶けにくい気体を集める捕集法です。水上置換法で集めることができない気体は、水に溶けやすい気体です。

ア:水素は水に溶けにくい気体です。

イ:正しい。アンモニアは水に溶けにくく空気より軽い気体なので、上方置換法で捕集します。

ウ:窒素は水に溶けにくい気体です。

エ:酸素は水に溶けにくい気体です。

 

問3

解答:気体・・・水素、性質・・・ウ

解説:

発生する気体は水素です。

ア:酸素の性質です。

イ:アンモニアの性質です。

ウ:正しい。

エ:二酸化炭素の性質です。

 

問4

解答:ア

解説:

ア:正しい。

イ:中学理科では行われない実験法です。

ウ:水素が発生します。

エ:中学理科では行われない実験法です。

 

問5

解答:方法・・・火のついた線香を気体の中に入れる。(例)、結果・・・線香が激しく燃える。(例)

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

大問2 溶解度

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:A・・・○、B・・・×

解説:

実験の値を10倍して考えます。

A:溶解度曲線より、50℃・100gの水に硝酸カリウム60gはすべてとけます。

B:溶解度曲線より、50℃・100gの水に塩化ナトリウム50gはすべてとけず、およそ50-38=12gのとけ残りが生じます。

 

問2

解答:ウ

解説:

溶解度曲線より、50℃・100gの水に硝酸カリウム40gはすべてとけますが、水溶液を26℃以下まで冷やすと結晶が出てきます。

 

問3

解答:結晶・・・30(g)、濃度・・・23(%)

解説:

溶解度曲線より、18℃・100gの水に硝酸カリウムは30gとけるので、60g加えたら30gのとけ残りが生じます。

100gの水に硝酸カリウムが30gとけているので、質量パーセント濃度は、

質量パーセント濃度=30/130×100=300/13=23.07・・・≒23%

 

問4

解答:塩化ナトリウムの溶解度は、温度によってほとんど変化しないから。(例)

解説:

解答例のとおりです。

大問3 凸レンズ

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:20(cm)

解説:

凸レンズと物体との距離は焦点距離の2倍である20cmの位置にあります。

三角形の合同より、凸レンズと物体、凸レンズとスクリーンとの距離が等しいので、凸レンズとスクリーンとの距離は20cmです。

 

問2

解答:①・・・ア、②・・・エ

解説:

①:焦点と焦点距離の2倍の間にあるので、実物より大きい倒立実像ができます。三角形の相似より、倒立実像の大きさは実物の2倍です。

②:焦点にあるとき、凸レンズから出る物体からの光が平行になるので、像はできません。

 

問3

解答:①・・・ア、②・・・イ、③・・・虚像

解説:

物体が焦点の内側にあるとき、凸レンズから物体を見ると、上下左右が同じで実物より大きい正立虚像ができます。

 

問4

解答:ウ

解説:

ア:全反射の内容です。

イ:反射の法則の内容です。

ウ:正しい。

エ:物体は光源の光を四方八方に反射することで、見ることができます。

大問4 音

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:音源(発音体)

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問2

解答:回数・・・振動数、Hz・・・ヘルツ

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問3

解答:アとウ(順不同)

解説:

おんさが同じであることから、振動数つまり波長が同じです。

 

問4

解答:①・・・ウ、②・・・イ

解説:

音が高いことから、振動数は440Hzより大きいです。音が小さいことから、振幅が小さいです。音をたたく強さが弱いと振幅が小さくなります。

大問5 ばねの性質

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:0.8(N)

解説:

おもりの個数が4個なので、合計で80gあります。

おもりがばねを引く力の大きさは、(1N/100g)×80g=0.8Nです。

 

問2

解答:5.4(cm)

解説:

ばねの自然長が5.0cmで、表より、おもりの個数が3個のときのばねの長さが10.4cmから、ばねの伸びは10.4-5.0=5.4cmです。

 

問3

解答:

解説:

表の値を用いてグラフを書くだけです。

 

問4

解答:関係・・・比例、法則・・・フックの法則

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

大問6 被子植物の花のつくり

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:エ→ア→ウ→イ

解説:

花の基本4要素は外側から、がく(エ)→花弁(ア)→おしべ(ウ)→めしべ(イ)、の順です。

 

問2

解答:記号・・・D、名前・・・やく

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

ちなみに、裸子植物であるマツの雄花のりん片にあるのは、花粉のうです。

 

問3

解答:イ

解説:

受粉後に受精を経て、胚珠は種子に、子房は果実に、受精卵は胚になります。

 

問4

解答:名前・・・柱頭、部分・・・B

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

大問7 無セキツイ動物の特徴

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:①・・・節、②・・・外骨格

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問2

解答:A・・・昆虫類、B・・・甲殻類

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問3

解答:b

Aのバッタは、節足動物のうちの昆虫類です。

a:クモは、節足動物のうちのクモ類です。

b:正しい。

c:ダンゴムシは節がありません。

d:ムカデは、節足動物のうちの多足類です。

 

解説:

問4

解答:膜・・・外とう膜、②・・・軟体動物

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

大問8 地震

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:15(秒)

解説:

6時11分59秒-6時11分44秒=15秒

 

問2

解答:25(秒)

解説:

震源距離は初期微動継続時間に比例するので、比例式を立てることが出来ます。

90km:15秒=150km:x

150km:x=6km:1秒=150km:25秒

∴x=25秒

 

問3

解答:①・・・エ、②・・・主要動

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問4

解答:①・・・ゆれ、②・・・規模(エネルギー)

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

大問9 火山のかたちと火山岩

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:マグマのねばりけ・・・強い。(例)、噴火のようす・・・激しい。(例)

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問2

解答:鉱物・・・チョウ石、つくり・・・斑状組織

解説:

図2は火山岩で、斑晶であるPは決まった方向に割れる白色の鉱物であることから、チョウ石です。

 

問3

解答:地表や地表近くで短い時間で冷やされてできた。(例)

解説:

解答例のとおりです。

 

問4

解答:火山・・・X、岩石・・・エ

解説:

有色鉱物が多い岩石は、マグマの粘り気が小さく穏やかな噴火をするので、火山Xです。

問2の仮定より、この岩石は斑状組織であるので、火山岩です。

有色鉱物の割合が多い火山岩は、選択肢エです。

大問10 堆積岩

中学2年北海道学力テスト第1回「理科」(2022、令和4年)問題

 

問1

解答:①・・・ア、②・・・ウ

解説:

ア:①の区別として正しい。石灰岩の主成分は炭酸カルシウムなので、うすい塩酸をかけると二酸化炭素が発生します。チャートはうすい塩酸をかけても反応しません。

②の区別の前に粒が丸みをおびているかどうかがあり、火成岩か堆積岩が区別されています。

堆積岩をさらに区別する調べ方として、選択肢ウが適しています。

選択肢イとエは、火成岩を区別する調べ方です。

 

問2

解答:凝灰岩

解説:

単純な知識問題なので、解説略。

 

問3

解答:エ

解説:

三葉虫とフズリナは古生代の示準化石です。フズリナは石灰岩に含まれることがあります。

 

問4

解答:(広い範囲で生活し)限られた時代(年代)だけ生存していた生物。(例)

解説:

解答例のとおりです。