勉強が苦手な子の指導経験20年以上・上位校にも完全対応、家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は1回90分 4,000円のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

>>お問い合わせ

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』を紹介します。

 

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)とは

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』とは、大手出版社の受験研究社の、中学英語の基礎文法問題集です。

 

2021年4月からの学習指導要領改訂に、完全対応しています。

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)の特徴・レベル

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)の特徴

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』は、超基礎〜定期テストレベルの文法問題を、1日10分の勉強で吸収できることが特徴です。

 

英語が苦手な子(=定期テストで60点未満)でも無理なく学べるように、配慮されています。

 

1冊あたり約80ページと少なめなので、比較的短期間で終えることができるでしょう。

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)の難易度・レベル

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』の難易度(レベル)は、超基礎〜定期テストレベルです。

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)の対象者

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』の対象者は、偏差値50までの公立高校を目指す子です。

 

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』は超基礎〜定期テストレベルですが、完璧にすることで、公立入試基本レベルの長文も楽に読めるようになるでしょう。

 

ゆえに、偏差値55までの公立高校を目指す子にも、『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』は、基礎固めとしてオススメできます。

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)の使い方・やり方

偏差値50までの公立高校を目指す子

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』の問題すべてを、自力で解いてください。

 

このとき、ひたすら書いて解いてください

本当は読んで解いた方が良いのですが、まずは書いて解いた方がやりやすいでしょう。

 

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』の方針に従い、1日1ページを10分以内に解くようにしましょう。

 

慣れてきたら、1日にやるページ数を増やしていってください。

偏差値55までの公立高校を目指す子

読んで解いてください

 

問題を読んで頭の中で解いたら、すぐに答え合わせをしながら進めてください。

 

書いているときは、頭があまり働いていないことが多いです。

読んで解くことで、頭がより働き速く終わらせられます(書く方がやる気が出るなら書いてOKです)。

 

間違えた問題にチェックを入れ、それらの問題のみを3周して完了です。

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』(受験研究社)は買いか!?

『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』は超基礎〜定期テストレベルの問題を、1日10分の勉強で吸収できます。

 

定期テストで60点未満の子は、『10分間復習ドリル 英語 中1・中2・中1~3』は、検討の価値ありです。

 

家庭教師のそらオススメ問題集一覧

家庭教師のそらオススメ問題集一覧は、こちらです。

 

>>家庭教師のそらオススメ問題集と差がつく正しい使い方(偏差値別)