家庭教師のSora、代表の「まさ」(※)と申します。

(※初回面談時に、私の氏名・住所をお伝えします)

 

北大大学院卒、家庭教師歴17年のプロ家庭教師です。

 

これまでに高校に合格させた生徒は、150名以上です。

(講習会など短期の子も合わせると、指導した人数は300名を軽く超えます)

 

当社は、内申点Eランク以上、札幌圏内の中上位の公立高校への合格を目指す生徒を募集しています。

>>当社が募集する生徒

 

以下、私の経歴などを、紹介させていただきます。

 

これまでの合格実績

私はこれまで、150名以上の生徒を高校に合格させてきました。

 

これまでの合格実績の代表例を紹介します。

<これまでの合格実績>

札幌手稲高校、北広島高校、札幌新川高校、札幌藻岩高校、札幌清田高校、札幌北陵高校、岩見沢東高校、札幌啓成高校、大麻高校、札幌平岸高校、札幌稲雲高校、千歳高校、札幌白石高校、石狩南高校、美唄聖華高校

その他多数

 

>>合格実績

テストの点数があまり良くない生徒の指導が得意

テストの点数があまり良くない生徒の指導が得意です。

 

自分が中学時代に底辺の成績であったので、テストの点数が良くない生徒の気持ちがよく分かります。

 

「優しくていねいに指導」がモットーで、女の子の生徒さんから大変好評です。

私の学歴

私の最終学歴は、北海道大学大学院です。

 

学部(信州大学)時代から、ずっと家庭教師をやってきました。

 

北大を卒業後は、東証一部上場のIT企業で7年間働き、現在は家庭教師事業を展開しています。

(昼間は、パソコン関係の仕事をしています)

 

サラリーマン時代も、副業で家庭教師を続けていました。

 

私の経歴を紹介します。

<私の経歴>

1999年 道東の公立中学校卒業

2002年 道東の公立高校(札幌西陵高校レベル)卒業

2002年 信州大学工学部入学(家庭教師 開始)

2006年 信州大学工学部卒業

2008年 北海道大学大学院入学

2010年 北海道大学大学院卒業

2010年 東証一部上場の某IT企業に就職(副業で家庭教師を続ける)

2017年〜 「家庭教師のSora」を立ち上げ家庭教師事業を展開

Jランク60点からGランク一番下・当日点200点に

私は、信州大学というそこそこ有名な大学に現役合格しています。

最終学歴は、北海道大学です。

 

私の学歴は、世間では一応高学歴の部類に属するそうです。

 

このレベルの学歴の場合、中学時代から優秀である場合がほとんどらしいです。

 

実際、信州大学に進学したとき、東西南北レベルの高校出身の学生が山のようにいました。

 

彼らは中学時代、通信簿ほぼオール5、学年順位が常に5番以内が当たり前という感じでした。

 

そんな優秀な彼らの中で、私は中学時代、かなりの落ちこぼれでした。

 

中学1年生の内申点はJランク、道コンの点数は60点ほどでした。

 

定期テストの順位は、学年200人中190番ほどでした。

 

私は、行ける高校がないほど成績が悪い人間だったのです。

 

しかし、最終的に内申点をGランクの一番下、定期テスト400点越え、学年順位40位にまで上げました。

 

入試本番では当日点200点を取り、道東の公立高校(札幌西陵高校・江別高校レベル)に合格しました。

 

成績を上げたきっかけは、塾の英単語の小テストで満点を取ったことです。

当時の私は物覚えが究極に悪くて、単語10個を覚えるのに、5時間以上かかっていました。

 

しかし、英単語の小テストで満点を取ったことがきっかけで自信を付け、成績がどんどん伸びていきました。

 

高校に合格したとき、「自分は上がっていける人間なんだな」と自信が持てました。

 

もっと上を目指したい、その気持ちで高校入学後は1年生から予備校通いをして、ずっと勉強していました。

 

そのおかげで、長野県にある国立大学、信州大学の工学部に現役合格しました。

 

その後、旧帝国大学である北海道大学の大学院を卒業し、東証一部上場の大企業に就職することができました。

ちょっとしたきっかけで人は変わる

今お子さまのテストの点数が悪くても、何らかのきっかけで変わります。

これは、私の経験からハッキリと言えます。

 

私の場合は、塾の英単語の小テストで満点を取ったことで大きく変われました。

 

当社は、内申点Eランク以上、一定レベルの公立高校を目指す生徒を募集してはいます。

>>詳しくはこちら

 

しかし、道コンや定期テストの点数があまり良くなくても大丈夫です。

一緒に頑張りましょう!!

 

当社のお申し込みの流れは、こちらです。

>>お申し込みの流れ