家庭教師のそらと申します。

 

全国の中学生と高校生を対象に、オンライン家庭教師をやっております。

 

北海道江別市在住、北大大学院卒のプロ家庭教師です。

※体験授業の日時が確定した段階で、私の住所・氏名などをお伝えします。

授業料

レギュラーコース(週1回受講)

★毎月の授業料
20,000円 のみ
※1回90分の授業を月4回受講。講習会など追加授業はありません。
※1回60分の授業を月4回受講でも可。この場合、月々15,000円になります。
☆入会金や維持管理費などの不透明な料金は一切ありません。

■注意事項
オンライン授業のみ開講
毎週決まった曜日と時間に受講して頂きます。お休みされた場合は、振替授業も可能です。
・主に私立中高生や私立高校第一志望の方向けのコースです。
教材費が別途かかります。
■私立中高生:1冊500円ほど+送料185円。年間2〜3冊を予定。1年以上続けたら送料のみ1冊185円。
■北海道の公立中学生:3年間で最大10,000円+送料
・料金の支払い時に銀行振込手数料が、教材を郵送する際に送料がかかります(クリックポスト185円またはゆうパックで発送)。

■お支払い方法
最初の1か月は前払いその後は月末払いで銀行振り込み願います。

長期休み・受験直前期コース(10回受講)

★授業料
45,000円 のみ
※長期休み中や受験直前期に1回90分の授業を10回受講
※10回以上受講される場合は値引きします。

■特典
・教材が5冊まで無料
公立高校入試対策の生徒限定記事などが閲覧可能に

■注意事項
オンライン授業のみ開講
・料金の支払い時に銀行振込手数料が、教材を郵送する際に送料がかかります(ゆうパック着払いで発送)。
・お休みされた場合の振替授業はできかねますので、あらかじめご了承ください。

■お支払い方法
前払いで銀行振り込み願います。料金の返金は出来かねますので、あらかじめご了承ください。

お申し込みの流れ

①体験授業に申込み
お子さまとよく話し合ってから、お申し込みください。

②体験授業を受講
時間は60分(目安:面談30分・授業30分)
料金は2,000円。体験授業は料金を頂きますのでご了承下さい。

③検討して連絡頂く
私からは連絡しません。

④授業開始

 

募集する生徒(レギュラーコース)

★全学年共通★

受験終了まで続けることが出来る方を募集します。学力は一切不問

 

私立高校・私立中学の方や、公立中学在籍で私立第一志望の方をとくに歓迎します。

家庭教師を20年以上やってきて、全員が受験終了まで続けて頂けたからです。

 

会社勤め(※)の収入があるため、家庭教師の仕事で無理に稼ぐつもりはありません。

少人数で運営し、生徒一人一人にじっくりと向き合っていきます。

※在宅ワークで歩合制の仕事なので、比較的時間に余裕があります。

 

なお、中途退会による違約金などは一切ありません。

高校生

付属大学への内部進学、中上位私立大学・地方国公立大学などを目指しており、基礎の基礎から勉強したいと思っている方を募集します。

 

授業では、文系数学と英語を、基礎の基礎から教えます。

>>大学入試過去問解説記事一覧

 

週1回・月4回の授業で、3年間じっくり教えてほしいという方は大歓迎です。

 

なお、塾を何度も辞めてきた方はご遠慮ください

中学生

私立中学に在籍の方

なるべく、高校卒業まで受講できる方を募集します。

将来、付属大学への内部進学、中上位私立大学・地方国公立大学などを目指しており、基礎の基礎から勉強したいと思っている方が対象です。

 

授業では、中学数学・高校数学1Aと英語を、基礎の基礎から教えます。

>>大学入試過去問解説記事一覧

 

週1回・月4回の授業で、数年かけてじっくり教えてほしいという方は大歓迎です。

 

なお、塾を何度も辞めてきた方はご遠慮ください

公立中学に在籍の方

公立中学在籍で私立高校が第一志望の方

なるべく、高校卒業まで受講できる方を募集します。

今は勉強が苦手だが高校の勉強で挽回したい子が対象です。

 

付属大学への内部進学、中上位私立大学・地方国公立大学などを目指して、週1回・月4回の授業で、3年間じっくり教えていきます。

 

なお、塾を何度も辞めてきた方はご遠慮ください

ダブルスクールは、英会話など習い事でしたら問題ありません。

公立中学在籍で公立高校が第一志望の方

以下、最もお申し込みが多い、北海道の公立中学の方に向けての内容になります。

 

道コンや学力テストの過去問数年分、受験に使える教材(5教科)、LINEでの個別サポートなど、週1回・月4回の授業のみで中上位公立高校に合格できる環境を用意しています。

札幌南北向けのハイレベルな授業も普通に出来ますし、札幌北には合格者が出ています。

 

受験終了まで続けることが出来るなら、公立中学在籍で公立高校を目指す方も歓迎します。

 

ただし、以下の方はご遠慮ください。

ダブルスクールや塾を何度も辞めてきた方はご遠慮ください

塾を1回だけ辞めて現在は未通塾の方(2回以上は不可)、お兄さんお姉さんが通塾して苦労したので自分は塾に行きたくない方、などが対象です。

志望校に無理のある方はご遠慮ください

よくある例:内申Eランクや道コン判定2%で札幌西高校を志望。

 

長期休み・受験直前期コースは受講条件がありませんので、よければご検討ください。

オンライン授業について

対面授業より成果が高い理由

2020年に開講したオンライン授業は、対面授業よりも明らかに高い成果が出ています(参考:2022年実績)。

 

オンライン授業の方が効果が高い理由は、以下の通りだと思われます。

<オンライン授業の方が効果が高い理由>

・教師が側にいないことで圧迫感が無く、授業に集中でき、質問もしやすい。

・授業内容が画面正面に表示され、見やすい。

・保護者がいる居間など、好きな場所で授業が受けられるため、安心できる。

・授業で教師が書いた紙をPDFで送ってもらえるので、復習がしやすい。

・送迎が無いのはもちろん、家に人を上げずにも済み、ストレスが少なく続けやすい(親が辛そうにしていたら、子供の成績は上がりません)。

など多数。

 

対面授業の方が安心できると思う方がまだまだ多いのは認識していますが、オンライン授業の方が明らかに良いので、よければご検討ください。

Zoomの授業映像の例

2つの手順で簡単に受講できます!

スマホ・タブレットまたはパソコンがあれば、たった2つの手順で簡単に受講できます。

① Zoomアプリを入れる。
・iPhoneとiPadのアプリは、こちら
・アンドロイドスマホとタブレットのアプリは、こちら
・パソコンは、Zoom公式サイトに入り「Zoom Client for Meetings」を入れる。

② ミーティングIDとパスコードを受け取り、授業に参加。
授業の直前に私からメールまたはLINEが届くので、そこにあるミーティングIDとパスコードを入力すると私とつながります。

iPadは整備済み品(新品同様の再生品)が安いです

オンライン授業はスマホでも受講可能ですが、画面の大きいiPadなどのタブレットを推奨します。

 

iPadはAmazonにて、旧モデルの整備済み品(新品同様の再生品、180日の返品保証付き)が安く売られています。

今後3〜4年は使えると思われる、こちらのiPadがオススメです。

 

最新版のiPadの一番安いモデル(新品)は、こちらです。

教師プロフィール

私の履歴書

<私の履歴書>

・1999年〜2002年 道東の公立高校(内申Gランクで道コンSS45ほど)

・2002年〜2006年 信州大学 工学部(2002年家庭教師開始)

・2006年〜2008年 就職浪人(公務員試験、全国模試6位が最高)

・2008年〜2010年 北海道大学 大学院 環境科学院(指導教官曰く入試成績5番以内)

・2010年〜2017年 東証一部上場のIT企業勤務(副業で家庭教師を続ける)

・2017年〜 独立し「家庭教師のそら」を立ち上げる
→(実績)2019年度 札幌旭丘3名、2020年度 光星ステラ・帯広柏葉・室蘭栄理数科、2021年度 札幌北・旭川東など

・2023年12月〜 札幌市内の会社に勤務予定、兼業で「家庭教師のそら」を継続

 

●保有資格

・日商簿記2級(2011年)
・応用情報技術者(合格率25%程度の国家試験)(2011年)
・データベーススペシャリスト(合格率10%程度の国家試験)(2012年)
など

中1クラス最下位層 → 偏差値45の公立高校に合格

私の最終学歴は、北海道大学大学院です。

 

このレベルの学歴の場合、中学時代から優秀である場合がほとんどでしょう。

 

北大大学院はもちろん、信州大学工学部に在籍していたときでも、札幌東西南北レベルの高校出身の学生であふれており、

「中学時代はほぼオール5・学年10番以内を外したことがない」「中学時代は無敵であった」人ばかりでした。

 

しかし私は小学校・中学校はかなりの落ちこぼれでした。

小学校の通信簿はオール「普通」で、「大変良い」を取ったことはありません(しかし、小学校の先生のお子さまを担当した経験は何度もあります)。

中学入学後も、中1のときは内申Jランク・道コン60点以下(現行制度で120点)、定期テストでクラス最下位層という悲惨な状態でした。

 

が、最終的に内申点176点(ギリギリGランク)、定期テスト400点にまで上げました。

 

成績を上げたきっかけは、塾の英単語の小テスト(英単語10問)で満点を取ったことです。

 

当時の私は物覚えが究極に悪くて、英単語10個を覚えるのに5時間以上かかっていました。

 

しかし、小テストで満点を取ったことがきっかけで自信を付け、成績がどんどん伸びていきました。

 

入試本番では当日点200点(現行入試で約330点)を取り、内申Gランクで道コンSS45がボーダーの公立高校に合格しました。

(ただし、1999年当時の入試問題は今よりはるかに簡単で、現行入試の難易度では200点取れなかったと思います)

国立大学工学部に現役合格した

高校に合格したとき、「自分は上がっていける人間なんだ」と自信が持てました。

 

もっと上を目指したい、その気持ちで高校入学後は1年生から予備校通いをし、勉強しまくりました。

 

基礎学力がなく、物覚えが悪く、要領も悪かったので、非常に苦労したことを覚えています。

 

とくに、中学時代から数学が全くダメで、簡単な問題1問を理解するのに、10時間以上悪戦苦闘したことなんてザラでした。

 

地元の公立トップ高の普通科の人と一緒に予備校の授業を受けて、「なんでこんな簡単なこと出来ないの?」と、苦笑されたこともありました。

 

まあ、1999年当時の簡単な公立高校入試数学で36点(現行入試で60点)しか取れなかったレベルですから、出来なくて当然ですよね。

 

それでも、投げ出さずに粘ってやり続けました。

 

そうしたら、数Ⅱで習う微分の「平均変化率」の部分が理解できたことがきっかけで数学が好きになり、「粘りさえすればなんとかなる」と自信をつけました。

 

2年生の時に受けたセンター試験同日では、数学1Aが65点、2Bが70点と、北大のボーダーに近い点を取ることができました。

 

大学は憧れの北大を目指そう。

そう決めて、高校3年生のときは、飯・風呂・寝る以外、ひたすら勉強していました。

 

結果、センター試験で大失敗して北大は受けられませんでしたが、信州大学工学部に現役合格できました。

 

この大学でも、東西南北レベルの高校出身の人であふれていました。

 

大学受験は高校受験とは比較にならないほど厳しい、ということです。

 

でも内申点で下駄を履かせる高校受験とは違い、大学受験は完全に公平な競争なのが素晴らしいと思います。

ちょっとしたきっかけで人は変わる

今お子さまのテストの点数が悪くても、何らかのきっかけで変わります。

これは、私の経験からハッキリと言えます。

 

私の場合は、塾の英単語の小テストで満点を取ったことで大きく変わりました。

 

一緒に頑張りましょう!!