勉強が苦手な子の指導経験20年以上・上位校にも完全対応、家庭教師のそらです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は1回90分 4,000円のみ

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

・公立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

・定期テスト、公立・私立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>お問い合わせ

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、2022年(令和4年)の秋田県公立高校入試の日程と、筆記試験の時間割と持ち物についてまとめます。

 

2022年(令和4年)の秋田県公立高校入試の日程、時間割と持ち物は、教育委員会が公表した『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』のデータを使用しています。

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




2022年(令和4年)の秋田県公立高校入試の日程(流れ)

■前期選抜入学願書の受付

★日程:1月14日(金)〜1月18日(火)

 

■前期選抜出願状況の発表

★日程:1月19日(水)予定

 

■前期選抜一次選抜の結果と日程等通知

★日程:〜1月21日(金)

 

■前期選抜学力検査

★日程:1月27日(木)

 

■前期選抜合格発表

★日程:2月4日(金)16:00

 

■一般選抜入学願書の受付

★日程:2月10日(木)〜2月15日(火)12:00

 

■一般選抜出願状況の発表

★日程:2月16日(水)予定

 

■一般選抜志願先変更の受付

★日程:2月17日(木) 〜2月21日(水) 12:00

 

■一般選抜学力検査

★日程:3月8日(火)

 

■一般選抜合格発表

★日程:3月16日(水)

 

■2次募集入学願書の受付

★日程:3月18日(金)〜3月19日(土)11:00

 

■2次募集集団面接

★日程:3月23日(水)

 

■2次募集合格発表

★日程:3月25日(金)13時〜16時

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




秋田県公立高校入試(前期選抜)の時間割と持ち物(2022年)

秋田県公立高校入試の試験日と時間割(前期選抜)

<秋田県公立高校入試の試験日と時間割(前期選抜)(2022年)>

■令和4年(2022年) 1月27日(木)

・国語(第1時) 8:50〜9:35

・数学(第2時) 9:55〜10:40

・英語(第3時) 11:00〜11:45

・昼食       11:45〜12:30

・昼食終了後    面接等

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




秋田県公立高校入試の集合時間(前期選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「1.前期選抜」には、

⑤ 受検者は、学力検査開始30分前(午前8時20分)までに出校し、受検票を受付に提示する とともに、次の物を携行して検査室に入るものとする。

と書かれています。

 

交通渋滞や、試験会場で復習をする時間を考えて、試験開始1時間前には試験会場に到着しておくとよいでしょう。

体調不良の場合はその教科は終了(前期選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「1.前期選抜」には、

⑥ 各教科の検査開始後30分以上経過した時点で、体調不良等により退室した場合は、その教科の検査は終了したものとみなす。

と書かれています。

 

体調不良でも受験は可能ですが、退室した段階でその科目は試験終了です。体調管理を万全にして、試験に挑んで下さい。

秋田県公立高校入試の持ち物(前期選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「1.前期選抜」には、

秋田県公立高校入試の持ち物として、以下の持ち物が明記されています。

<秋田県公立高校入試の持ち物(前期選抜)(2022年)>

・受検票

・黒鉛筆(シャープペンシルも可。ただし、黒い芯に限る。)

・消しゴム

・小型鉛筆 削り具

・三角定規又は直線定規

・コンパス

 

上履き、昼食などが必要なのかは不明です。

担任の先生に聞いておきましょう。

秋田県公立高校入試で持ち込み不可のもの(前期選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「1.前期選抜」には、

持ち込み不可としているものとして、以下のものが明記されています。

<秋田県公立高校入試で持ち込み不可のもの(前期選抜)(2022年)>

・分度器付きの定規

・計算機能や辞書機能をもつ時計

・電卓及び電子辞書

・また、携帯電話等の通信機器を持参している場合は、検査会場においては電源を切るものとし、検査室に持ち込むことを禁止する。

 

携帯電話(スマートフォン)については、以下のように明記されています。

・また、携帯電話等の通信機器を持参している場合は、検査会場においては電源を切るものとし、検査室に持ち込むことを禁止する。

秋田県公立高校入試(一般選抜)の時間割と持ち物(2022年)

秋田県公立高校入試の試験日と時間割(一般選抜)

<秋田県公立高校入試の試験日と時間割(一般選抜)(2022年)>

■令和4年(2022年) 3月8日(火)

・国語(第1時) 8:50〜9:50

・数学(第2時) 10:10〜11:10

・英語(第3時) 11:30〜12:30

・昼食       12:30〜13:15

・理科(第4時) 13:15〜14:05

・社会(第5時) 14:25〜15:15

・学力検査終了後   面接

 

↓問題集購入目的で広告貼ってます↓




秋田県公立高校入試の集合時間(一般選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「2.一般選抜」には、

⑤ 受検者は、学力検査開始30分前(午前8時20分)までに出校し、受検票を受付に提示する とともに、次の物を携行して検査室に入るものとする。

と書かれています。

 

交通渋滞や、試験会場で復習をする時間を考えて、試験開始1時間前には試験会場に到着しておくとよいでしょう。

体調不良の場合はその教科は終了(一般選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「2.一般選抜」には、

(6) 国語、数学、英語の検査開始後40分以上、又は理科、社会の検査開始後35分以上経過した時 点で体調不良等により退室した場合は、その教科の検査は終了したものとみなす。

と書かれています。

 

体調不良でも受験は可能ですが、退室した段階でその科目は試験終了です。体調管理を万全にして、試験に挑んで下さい。

秋田県公立高校入試の持ち物(一般選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「2.一般選抜」には、

秋田県公立高校入試の持ち物として、以下の持ち物が明記されています。

<秋田県公立高校入試の持ち物(一般選抜)(2022年)>

・受検票

・黒鉛筆(シャープペンシルも可。ただし、黒い芯に限る。)

・消しゴム

・小型鉛筆 削り具

・三角定規又は直線定規

・コンパス

 

上履き、昼食などが必要なのかは不明です。

担任の先生に聞いておきましょう。

秋田県公立高校入試で持ち込み不可のもの(一般選抜)

『令和4年度秋田県公立高等学校入学者選抜実施要項』の「2.一般選抜」には、

持ち込み不可としているものとして、以下のものが明記されています。

<秋田県公立高校入試で持ち込み不可のもの(一般選抜)(2022年)>

・分度器付きの定規

・計算機能や辞書機能をもつ時計

・電卓及び電子辞書

・また、携帯電話等の通信機器を持参している場合は、検査会場においては電源を切るものとし、検査室に持ち込むことを禁止する。

 

携帯電話(スマートフォン)については、以下のように明記されています。

・また、携帯電話等の通信機器を持参している場合は、検査会場においては電源を切るものとし、検査室に持ち込むことを禁止する。

★高校入試おすすめ問題集★

高校受験偏差値45〜50問題集

 

学研の有名基本問題集『中学数学をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、偏差値50安定が望めるでしょう。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

例題→基本練習の順で3冊を最後までやって、仕上げに復習テストをやると、高い効果が得られます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値55問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 標準問題集 数学をオススメします。

3冊やり込めば偏差値55安定、試験によっては偏差値60を超えることもあります。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値60問題集

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 数学をオススメします。

3冊やり込めば偏差値60安定、試験によっては偏差値65を超えることもあります。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

高校受験偏差値65〜70問題集

 

塾技 数学100』と『瞬解60』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

『塾技 数学100』の全ての問題を根拠を持って理解し、手を止めずに解けるようになれたら、偏差値65安定、偏差値70も普通に望めます。

『瞬解60』まで行けたら偏差値70安定、試験によっては上位50番以内に入ることも十分あり得ます。

『塾技 数学100』の例題100問→『塾技 数学100』の実践問題→『瞬解60』の順でやると、無理なくやれるはずです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら