>>【2023年(令和5年)】北海道公立高校入試はいつ何時から?日程・時間割・試験時間・持ち物などまとめ

 

 

勉強が苦手な子の指導経験20年以上・上位校にも完全対応、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は1回・90分 3,250円〜4,500円

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

・公立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

>>お問い合わせ

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、2022年(令和4年)の北海道公立高校入試の筆記試験の時間割と持ち物についてまとめます。

 

2022年(令和4年)の北海道公立高校入試の時間割と持ち物は、

北海道教育委員会が公表した『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』で調べられます。

 

2022年(令和4年)の北海道公立高校入試の日程は、こちらです。

>>【2022年(令和4年)】北海道公立高校入試の日程(流れ)と関連イベントのまとめ

 

入試当日の心構え・合格した先輩方がやっていたことなど、

より濃い情報は北海道高校ガイドブック 2022年度受験用をお買い求めください。

 

↓↓Google広告↓↓




北海道公立高校入試の試験日(2022年)

<北海道公立高校入試の試験日(2022年)>

令和4年(2022年) 3月3日(木)

北海道公立高校入試の時間割・当日スケジュール(2022年)

<北海道公立高校入試の時間割(2022年)>

・国語(第1部) 9:20〜10:15

・数学(第2部) 10:35〜11:30

・社会(第3部) 11:50〜12:45

・理科(第4部) 13:35〜14:30

・英語(第5部) 14:50〜15:45

 

↓↓Google広告↓↓




北海道公立高校入試の開始時間(2022年)

北海道公立高校入試の筆記試験の開始時間は9:20からで、最初の科目は国語です。

各科目の試験時間は50分

上の北海道公立高校入試の時間割を見ると、各科目の試験時間は55分となっています。

 

しかし、『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』には、

解答に要する時間は50分とし、検査時間の冒頭5分間で受検者に対する注意、問題用紙の配布を終えること。

とあるので、各科目の解答時間は50分です。

遅刻した場合は支障のない限り受験できる

『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』には、

(5) 検査開始時刻に遅れて登校又は入室した者については、支障のない限り受検させること。

と書かれています。

 

交通渋滞や電車遅延で遅刻した場合でも、受験させてもらえるのでしょう。

 

ただし、他の受験生と同じく、解答時間が50分かどうかは不明です。

体調不良でも受験できる

『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』には、

(7)身体の不調等のため、他の受検者と同じ状態で検査を受けることのできない者については、適切に検査を受けられるよう配慮すること。

と書かれています。

 

「身体の不調等」がどのような状態かは不明ですが、体調不良でも受験できるのは確かです。

北海道公立高校入試の集合時間

『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』には、

(3)必要に応じて受検者を早めに登校させ、検査の開始に先立って、受検についての注意を与えること。

と書かれています。

 

北海道公立高校入試の集合時間が何時かは手引きには明記されていませんでしたが、

試験開始1時間前(8時20分)には高校に到着しておくのがベターかと思います。

 

参考)宮城県公立高校入試(第一次募集)の場合

『令和4年度宮城県公立高等学校入学者選抜要項 第一次募集』には、

・受付確認 諸注意 8:30〜9:05

・国語([1]) 9:05〜9:55

と書かれており、試験開始35分前から試験会場に入室できるようになっています。

北海道公立高校入試の持ち物(2022年)

『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』には、

北海道公立高校入試の持ち物として、以下の持ち物が明記されています。

<北海道公立高校入試の持ち物(2022年)>

・受検票

・鉛筆(シャープペンシルを含む。)

・消しゴム

・定規(分度器の付いていないもの)

・コンパス

・鉛筆削り

・上履き

・昼食

北海道公立高校入試で持ち込み不可のもの

『令和4年度(2022年度)道立高等学校入学者選抜の手引(一般入学者選抜)』には、

学力検査の公正を損なうおそれがあるため、持ち込み不可としているものとして、以下のものが明記されています。

<北海道公立高校入試で持ち込み不可のもの(2022年)>

・計算機(時計型、ペンシル型を含む)

・携帯電話(スマートフォンを含む)

・辞書機能付時計

・ウェアラブル端末(スマートウォッチを含む)

など

 

↓↓Google広告↓↓




★北海道高校入試おすすめ問題集★

道コンSS50対応問題集

 

 

 

学研の有名基本問題集『中学数学をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、道コンでSS50安定が望めるでしょう。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

例題→基本練習の順で3冊を最後までやって、仕上げに復習テストをやると、高い効果が得られます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

道コンSS55対応問題集

 

 

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 標準問題集 数学をオススメします。

3冊やり込めば道コンでSS55安定、試験によってはSS60を超えることもあります。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

道コンSS60対応問題集

 

 

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 数学をオススメします。

3冊やり込めば道コンでSS60安定、試験によってはSS65を超えることもあります。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

道コンSS65〜70対応問題集

 

 

塾技 数学100』と『瞬解60』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

『塾技 数学100』の全ての問題を根拠を持って理解し、手を止めずに解けるようになれたら、道コンでSS65安定、SS70も普通に望めます。

『瞬解60』まで行けたらSS70安定、試験によっては上位50番以内に入ることも十分あり得ます。

『塾技 数学100』の例題100問→『塾技 数学100』の実践問題→『瞬解60』の順でやると、無理なくやれるはずです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら