はじめに:個別指導塾まさの料金

はじめに、当塾「個別指導塾まさ」の料金をお見せします。

■当塾の料金
○ 週1回:授業料4,000円/回+教材費
○ 週2回:授業料3,500円/回+教材費
○ 1対1の完全個別指導です。1回90分のオンライン授業を、毎週決まった曜日と時間に受講して頂きます。部活や習い事や他塾などで多忙な子からのお申し込みが多いため、週1回の授業でもしっかり学べる環境を用意しています。
○ 教材費:当塾使用の問題集のうち必要な分のみ使用(>>当塾使用の問題集)。加えて補助教材と種々の過去問代として、中1中2分が合わせて最大3,000円、中3分が最大6,000円かかります。送料別。
○ 上記以外の費用は一切ありません。上記の料金はすべて税込みです。入会金や維持管理費や中途退会に伴う違約金などの不透明な料金は一切ありませんので、ご安心ください。
○ その他値引き多数。

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

当ブログをご覧になっている方は通塾中または複数社を検討中でしょうから、個別指導塾で1対1の完全個別指導の料金の相場は既にご存じかと思います。

当塾で最も授業料が高いのは週1回の授業(1回90分)のときですが、それでも時給換算したら他社の半額以下の料金です。

 

しかし当塾は個人経営で、オンライン個別指導というスタイルで教室を持たずに営業しているため、当塾に不安を感じる方が多いと思います。

そこで、当塾の料金がなぜ安いのか、理由を以下に述べます。

個別指導塾まさの料金が安い理由

生活費と年金と少々の貯金の分を稼げればよいから

この仕事では、生活費、年金(3階建て)、少々の貯金の分を稼げればよいと割り切っています(いつかiDeCoとNISAもやりたい)。

娯楽費は、当ブログの広告費で賄えています。

 

この仕事は大学生からやっていますが、会社勤めをしていた頃は週末限定の副業を色々やっていました。

 

なぜ副業をやっていたのか。

この仕事で保護者の方から頂く料金は、お勤め先の会社のお給料から出ているでしょうから言いにくいのですが、私が勤めていた会社は業界では比較的有名なIT系の大企業ではありますがいわゆるブラック企業で、とくに賃金の面では、将来設計に強い不安を感じさせる会社でした。

当時はリーマンショックで就職が厳しかったことから、同期には北大を始め有名大学出身の方が多数いました。

7年間この会社で働きましたが、同期の多くが20代で辞めていき、辞めたときには同期200名が80名ほどに減っていました。社内ネットワークで見た感じ、勤続20年目では同期の1割ほどしか残らないみたいです。

新卒で入った大企業で定年まで働くつもりだったので入社当初は絶望しましたが、落ち込んでも仕方が無いので、独立を目指して副業をすることにしました。私は院卒2浪なので、転職活動は無理だと考えやりませんでした。この会社に入るのに北大大学院時代も含めて4年棒に振っているので、就活はもうやりたくないという気持ちもありました。

週末限定の副業として家庭教師など色々やりました。自分でもできて金になりそうなことに、色々着手していた感じです。

 

スマホが普及していない時代もあって、私のような素人でも副業で少々の収益を出せました。その収益全額を、国民年金の未納分と奨学金の完済に充てたので、今は無借金経営でやれています。

独身実家住まいで生活費があまりかかっていない状況を活用して、節約に励んで給料の多くを貯金し、独立しても何とか生きていける程度の蓄えもできました。

 

こういう感じで今に至り、この仕事では生活費、年金、少々の貯金の分を稼げればよい状態です。教室を持たず自宅でオンライン授業をする商売スタイルなので、Zoomとサーバー代しかかかっていません。だから、料金を安く抑えられています。

 

当塾の授業料と教材費が他社の半額以下であること、入会金や維持管理費や退会に伴う違約金などの料金が無いことの裏の理由はこんな感じです。

 

どうしても毎年現れてしまうごく一部の保護者の方に申し上げたいのですが、一生懸命仕事をするのは喜んでもらいたいからであって、金に困窮しているわけではありません。

保護者の方が出来ないことを私が料金を頂いて代行するだけで、対等な関係です。

入会金などを頂かない理由と合わせて、これらの点をご認識頂ければと思います。

1人月2万円までが普通だと考えるから

当塾は週1回・1回90分4,000円の授業がメインで、生徒1人あたり月2万円までを見込んでいます。例えば火曜日に受講したとき、火曜日が5回ある月もあるので、4,000円/回×5回で2万円です。

1人あたりから頂く料金を安くして、多数の生徒を担当して収益を得る戦略です。

ありがたいことに、お子さまをじっくり指導して欲しいとのことで、週2回・1回90分3,500円の授業を受講される方もいらっしゃいます(週2回の方は色々優遇しています)が、殆どは週1回・1回90分4,000円の授業を選ばれています。

 

週1回の授業がメインである事情から、それに合わせて教材やLINEでの質問・相談を充実させて、成果が出るよう努力しています。

 

そもそも、なぜ1回90分4,000円なのか。

実は家庭教師をやっていた時代は、1時間1,500円+交通費でやっていました。

この時のお客様層ですが、安いと安いなりの方が集まってくるようで、色々な経験をさせてもらいました。当塾は入会金を頂いておりませんが、これがその理由の一つです。

それでも非常に良い方もいらっしゃって、遠方で交通費合わせて4,000円かかってしまったのに、気持ちよくお支払いして頂きました。

この経験から、1回90分4,000円に値上げしたら、こうした玉石混交の「玉」の方々に恵まれると考えてこの授業料に至ります。

適当に決めた料金ではありますが、おかげさまで今は「玉」の方々の割合が高く、昔よりも安定した商売ができています。

現在授業料は据え置きですが、今後インフレが進んで国民の賃金がアップしたら、値上げするかもしれません。

目標が北海道の公立高校だから

授業内容が北海道公立高校入試レベルなので、1回90分4,000円が妥当だとも考えています。

 

北海道の高校受験塾の対象は、北海道公立高校入試を受験する子です。私立高校は、滑り止めという位置づけです。

その北海道公立高校入試は、公立高校を受験する子全員が受験する共通テストです。

入試問題は、都府県の基準で定期テストレベルの問題がほとんどで、公立高校入試基礎レベル(道内の子の正答率20〜30%)の問題が少々、標準レベル(同20%未満)の問題がわずかに混ざる程度です。

このことから、北海道では要求される授業レベルが比較的易しいので、1回90分4,000円が妥当だと思います。

 

対して東京では、上位の都立高校では学校が独自に作成した自校作成問題が出ます。この問題は難易度が異常で、道コンで成績優秀者の冊子に上位掲載される子でも多分10%も取れないでしょう。

しかも東京は国立・私立高校がメインで、都立高校は滑り止めという世界です。

当塾でこれら東京の難関校を目指す中学生に授業をするなら、1回90分8,000円くらい頂かないと割に合わないでしょうね。

おわりに:当塾に興味がある方は無料体験授業をご検討ください!

以上が、当塾の料金が他社の料金よりかなり安い理由です。

 

個人経営で、オンライン個別指導というスタイルで教室を持たずに営業しているため、当塾に不安を感じる方が多いと思い、料金が安い理由を包み隠さずお伝えしました。

 

当塾に興味がある方は、当塾の無料体験授業をご検討ください。