こんにちは、家庭教師のSora代表のまさです。

 

今回は、江別第一中学校の女の子の生徒さんを、大麻高校に合格させたはなしをします。

 

こちらの生徒さんは、中2の11月にお申込みを頂きました。

塾を辞めて、こちらに切り替えたかたちです。

 

学力テストの得点は120点で、内申点はDランクの一番下、あと一つ下がったらEランクでした。

 

大麻高校のボーダーラインは、Dランクなら175点は必要です。

それも大麻高校では、難易度の高い学校裁量問題が出題されるので、今の学力ならかなり頑張らねばなりません。

 

といっても学校裁量問題の配点は、300点満点中60点ほどです。

残り240点は、易しい標準問題です。

標準問題を8割取れれば約200点となり、大麻高校の合格点を超えます。

 

入試まで残り1年強もあったので、当社が選定した問題集にじっくり取り組んでもらいました。

 

また、内申点を落とさないよう学校の授業を大切にし、定期テスト対策をきっちりやりました。

定期テストの点数が平均点以下でしたが、クラス順位が1桁になり、内申点もDランクの上に上がりました。

 

期間に余裕を持って入試対策が出来たため、11月の総合Cでは182点と、大麻高校まであと一息まで来ました。

 

年が明けて学年末テストが終わり、内申点がDランクの上に確定した後は、入試過去問5年分と問題集の総復習の授業をしました。

 

そして、入試当日に190点を取り、大麻高校に合格することができました。

 

この生徒さんを担当した当初、学力テストの点数が120点だったので、70点も上げたことになります。

 

以下、大麻高校の概要と、こちらの生徒さんの指導の経緯を書いていきます。

 

(※全員が全員、ここまで点数が伸びるわけではありません。あくまでも一例です。)

 

スポンサーリンク



大麻高校の概要

最初に、大麻高校の学科、偏差値、ボーダーラインについてお話しします。

大麻高校の学科と定員

大麻高校には、全日制課程のみ用意されています。

 

大麻高校にある学科は、普通科のみです。

 

普通科の定員は、以下の通りです。

<大麻高校の学科と定員>

普通科 280名(うち推薦56名)

 

普通科の定員は280名で、定員の2割の56名が推薦で入学します。

 

大麻高校は人気のある高校なので、ほとんどの学生が推薦入学確約書を提出して推薦が内定していきます。

 

なので3月の一般入試では、残りの224名の枠を争うことになると思ったほうがよいでしょう。

大麻高校の偏差値

大麻高校の偏差値は以下の通りです。

<大麻高校の偏差値>

普通科 53

 

北海道学力コンクールが算出した偏差値になります。

 

北海道学力コンクールという模擬試験で、300点満点中160点〜180点取れば、偏差値50(真ん中の順位)になります。

 

大麻高校は、全受験生の平均より少し上の順位を取れば合格できる高校ということになります。

大麻高校のボーダーライン・合格ライン

偏差値といっても、なかなかピンとこないですよね。

 

重要なのは、大麻高校に合格するのに内申点と入試当日点がどのくらい必要なのかです。

 

ここで、大麻高校のボーダーライン(最低点)について書きます。

 

大麻高校のボーダーラインの目安は、以下のとおりです。

<大麻高校のボーダーライン>

・普通科

Cランク 165点

Dランク 175点

 

北大学力増進会が公表しているデータになります。

 

大麻高校を受験するなら、最低ランクとしてDランクは必要です。

 

内申点がCランクなら、入試当日点が300点満点中180点(6割)ほど取れれば、余裕を持って合格できるでしょう。

 

しかし、大麻高校は学校裁量枠で、定員の15%を「学力点:内申=9:1」で取ります。

入試当日点200点(約6割5分)以上を取る自信があるなら、内申点がEランクの生徒でも合格の可能性があります。

大麻高校は裁量問題が出題されるが恐れる必要はあまりない

北海道の公立高校の入試問題は、裁量問題と標準問題の2パターンがあります。

 

大麻高校では、入試問題として裁量問題が出題されます。

 

裁量問題では、国語・数学・英語で、やや難しい応用問題が出題されます。

理科と社会は、易しい標準問題が出題されます。

 

大麻高校で裁量問題が出ると言っても、恐れる必要はあまりないと思います。

 

裁量問題の占める得点は約60点ほどです(国・数・英で約20点ずつ)

残り240点は易しい標準問題です。

 

標準問題を8割取れる学力があれば、それだけで約200点になります。

裁量問題が全く出来なくても大麻高校のボーダーラインに届くのです。

 

標準問題8割は、問題集1冊をきっちりマスターし、入試過去問を5年分暗記すれば、取れない点数ではないでしょう。

 

というかこのくらい勉強すれば、裁量問題も半分は解けるはずです。

 

なお、大麻高校の入試では、面接は課せられません。

学校裁量枠で調査書が使われることもありますが、基本は学力テスト一本勝負になります。

大麻高校の倍率

2018年の大麻高校の倍率は以下の通りです。

<大麻高校の倍率(2018年)>

普通科 1.1倍(昨年度1.2倍)

 

北海道教育委員会が公表したデータになります。

>>北海道教育委員会のサイト

 

大麻高校は江別市の中学生から大変人気のある高校ゆえ、定員割れすることはありません。

 

大麻高校の入試は「落とす試験」なので、しっかり準備をして試験に臨みましょう。

 

以上、大麻高校の概要でした。

教え子を大麻高校に合格させた経緯

次に、教え子を大麻高校に合格させた経緯について紹介します。

受け持った時期

こちらの生徒さんからは、中学2年生の11月に申込みを頂きました。

後期中間テストが終わった時期です。

 

江別第一中学校に通う女の子でした。

 

この子は、塾に中学2年生から通っていました。

 

しかしお母さんによると、この塾はただ黒板を書き写して終わりのずさんな授業をしているそうです。

 

授業料も高く、成績が全然伸びないことに怒り、塾を辞めてこちらに切り替えられました。

教え子の当初の学力はDランク・120点

こちらの生徒さんの内申点は、Dランクの下、あと一つ下がったらEランクでした。

 

学力テストの点数が300点満点換算で120点しかありませんでした。

 

こちらの生徒さんは、大麻高校を志望していました。

内申点がDランクあるので、入試で180点(6割)も取れれば合格できるでしょう。

 

大麻高校は、定員の15%を内申点を重視して入学させます。

内申点がCランクに上がれば、当日点が振るわなくてもその枠で合格できる可能性が高いです。

 

しかし、大麻高校に入学するなら大学受験も視野に入れたいところです。

 

入試まで残り1年以上あります。

学力をしっかり身につけ、将来は北大に合格することを目標に指導を開始しました。

どんな指導をしたか

こちらの生徒さんのために立てた指導方針を紹介します。

学校の授業を大切にし内申点を落とさない

こちらの生徒さんの内申点はDランクです。

 

Eランクに下がると、大麻高校に合格するのは非常に難しくなります。

中学3年生は内申点の比率が1.5倍に上がり、気を抜くとEランクに下がる危険性があります。

現状、あと一つでも下がったらEランクでしたから。

 

なのでまず第一に、内申点を絶対に落とさない、あるいは内申点を上げる勉強が必要でした。

 

そのために、学校の授業を大切にすることが重要です。

 

内申点は、普段の行いと定期テストの点数で決まります。

 

普段の行いとは、授業を真面目に受ける、ノートをキレイに取る、提出物を必ず出すなどです。

この普段の行いがきちんと出来ていれば、定期テストで失敗しても「4」をもらえたりします。

 

江別第一中学では、定期テストの占めるウエイトが4分の1ですので。

 

こちらの生徒さんは質問をよくされる、積極性の高い子でした。

これまでも学校の課題も真面目にやっていたので、普段の行いについてはあまり心配しませんでした。

 

が、定期テストの点数が平均点以下でしたので、定期テストの3週間前から、テスト対策の授業を集中的に行いました。

 

その甲斐あってか、定期テストで1桁の順位を取り、最終的に内申点がDランクの上にまで上昇しました。

問題集に少しずつ取り組む

定期テストまで日がある時期は、当社が選定した問題集を使用して授業をしていました。

 

数学と理科(物理・化学の計算分野)の授業を行い、

国語と英語と社会と理科(生物・地学の暗記分野)は、問題集を独学でできる方法を伝授し、自分でやってもらいました。

 

もちろん、やり方にズレが生じていないかを都度チェックしました。

総合A・B・Cで順調に得点が伸びていった

早い時期から問題集に取り組んだことが功を奏したのか、9月から行われる総合テストで、順調に点数が伸びていきました。

 

こちらの生徒さんの得点推移は、以下の通りです。

<総合A・B・Cの得点推移>

総合A 140点

総合B 191点

総合C 182点

 

総合Cの各科目の得点は、以下の通りです。

<総合Cの各科目の得点>

国語 33点

数学 32点

英語 48点

理科 21点

社会 48点

合計 182点

 

英語と社会が8割ジャストと、勉強の成果が出ています。

 

国語と数学がもう少し頑張る必要がありますね。

 

理科の点数が非常に悪いですが、この年の総合Cの理科が難しかったためです。

総合Bでは理科も36点ほど取れていました。

 

11月の段階でこのくらい出来るなら、残り3ヵ月で200点まで伸びる可能性は充分あります。

 

大麻高校まであと一息です。

入試直前は問題集の総復習と入試過去問演習

北海道の公立高校の入試問題には、学校裁量問題と標準問題の2種類あると先ほど言いました。

 

大麻高校は、難易度が高い学校裁量問題が出題されます。

 

といっても、学校裁量問題の配点は国・数・英それぞれ約20点ずつ、合計約60点です。

残り240点が、難易度が易しめの標準問題になります。

 

標準問題が8割取れれば約200点になります。

学校裁量問題の半分は、普通に解ける問題が出るので、そこも狙っていけば得点をもっと伸ばせるでしょう。

 

年が明けて学年末テストが終わってDランクの上に確定してからは、これまでやった問題集の総復習をし、穴がないようにしました。

 

並行して、入試過去問5年分を授業でやり込みました。

入試本番で190点を取り大麻高校に合格!

こちらの生徒さんは、大麻高校の入試本番で190点を取り、無事合格しました。

 

生徒さんの入試当日点は、以下の通りです。

<生徒の入試当日点>

国語 32点

数学 28点

英語 30点

理科 48点

社会 52点

合計 190点

 

大麻高校のボーダー(Dランク・175点)を普通に超える成績で合格していますね。

素晴らしいです。

 

裁量問題の国語・数学・英語の点数は振るいませんでしたが、標準問題の理科と社会でカバーできました。

 

この生徒さんは、学力テストで120点しかない学力でした。

そこから1年強で、学校裁量問題で190点にまで学力を上げました。

70点以上も得点がアップしています。

 

このように、早い時期から真面目に勉強してきた生徒は、得点が大きく伸びる場合が多いです。

 

もちろん、全員が全員ここまで点数が伸びるわけではありませんが。

 

11月や12月あたりに駆け込み需要でお申込みを頂くことが多いですが、

大麻高校クラスを狙うのなら、できれば春休みくらいには申し込んで頂きたいところです。

 

以上、大麻高校に合格した教え子のはなしです。

当社に興味があれば初回面談の申込みを(先着7名)!

当社はこれまで、生徒さんを100名以上担当して、志望校に合格させてきました。

>>合格実績

 

授業料は「1時間1,500円」と、相場の半額以下でやっています。

>>家庭教師会社の相場

 

しかし、指導内容の質は他社に負けていないと自負しています。

 

当社に興味があれば一度お問い合わせください。

 

※担当できるのは7名までです。お申込みはお早めに!

 

初回面談のお申込みはこちらです!

>>初回面談お申込み