勉強が苦手な子の指導経験20年以上・上位校にも完全対応、家庭教師のSoraです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆

・授業料は1回・90分 3,250円〜4,500円

>>教師紹介・授業料・お申し込みの流れ

 

・公立高校入試に完全対応!オススメ問題集

>>オススメ高校受験問題集(偏差値別)

 

・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

>>お問い合わせ

★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回は、北海道の高専の一般(学力選抜)・推薦入試の出願状況・倍率推移・最終倍率をまとめました。

 

函館高専の詳しい受験情報は、こちらです。

>>【最新版】函館高専の受験対策!入試ボーダーライン・ランク・倍率・対策法などを詳しくまとめました!!

 

旭川高専の詳しい受験情報は、こちらです。

>>【最新版】旭川高専の受験対策!入試ボーダーライン・ランク・倍率・対策法などを詳しくまとめました!!

 

苫小牧高専の詳しい受験情報は、こちらです。

>>【最新版】苫小牧高専の受験対策!入試ボーダーライン・ランク・倍率・対策法などを詳しくまとめました!!

 

釧路高専の詳しい受験情報は、こちらです。

>>【最新版】釧路高専の受験対策!入試ボーダーライン・ランク・倍率・対策法などを詳しくまとめました!!

 

↓↓Google広告↓↓




函館高専の一般・推薦入試の出願状況・倍率推移・最終倍率の詳細(2022年)

函館高専の一般入試(学力選抜)の出願状況・倍率推移・最終倍率の詳細

生産システム工学科(学力選抜)

<生産システム工学科(学力選抜)(2022年)>

定員 120名(うち推薦内定者数56名より、一般入試(学力選抜)枠 64名)

 

1/24(月)の志願者数 103名

1/25(火)の志願者数 21名

1/26(水)の志願者数 6名

1/27(木)の志願者数 9名

1/28(金)の志願者数 0名

 

合計 139名(最終倍率 2.17倍)

物質環境工学科(学力選抜)

<物質環境工学科(学力選抜)(2022年)>

定員 40名(うち推薦内定者数21名より、一般入試(学力選抜)枠 19名)

 

1/24(月)の志願者数 33名

1/25(火)の志願者数 2名

1/26(水)の志願者数 1名

1/27(木)の志願者数 0名

1/28(金)の志願者数 0名

 

合計 36名(最終倍率 1.89倍)

社会基盤工学科(学力選抜)

<社会基盤工学科(学力選抜)(2022年)>

定員 40名(うち推薦内定者数6名より、一般入試(学力選抜)枠 34名)

 

1/24(月)の志願者数 29名

1/25(火)の志願者数 6名

1/26(水)の志願者数 0名

1/27(木)の志願者数 0名

1/28(金)の志願者数 0名

 

合計 35名(最終倍率 1.79倍)

 

↓↓Google広告↓↓




函館高専の推薦選抜の出願状況・推移・最終倍率の詳細

生産システム工学科(推薦選抜)

<生産システム工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 60名程度(入学定員の50%程度)

 

1/6(木)の志願者数 33名

1/7(金)の志願者数 12名

1/11(火)の志願者数 11名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 56名(最終倍率 0.93倍)

物質環境工学科(推薦選抜)

<物質環境工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 20名程度(入学定員の50%程度)

 

1/6(木)の志願者数 14名

1/7(金)の志願者数 5名

1/11(火)の志願者数 2名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 21名(最終倍率 1.05倍)

社会基盤工学科(推薦選抜)

<社会基盤工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 20名程度(入学定員の50%程度)

 

1/6(木)の志願者数 4名

1/7(金)の志願者数 0名

1/11(火)の志願者数 2名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 6名(最終倍率 0.30倍)

旭川高専の一般・推薦入試の出願状況・推移・最終倍率の詳細(2022年)

旭川高専の一般入試(学力選抜)の出願状況・推移・最終倍率の詳細

機械システム工学科(学力選抜)

<機械システム工学科(学力選抜)(2022年)>

募集人数 16名

 

1/24(月)の志願者数 1名

1/25(火)の志願者数 8名

1/26(水)の志願者数 11名

1/27(木)の志願者数 3名

1/28(金)の志願者数 1名

 

合計 24名(最終倍率 1.50倍)

電気情報工学科(学力選抜)

<電気情報工学科(学力選抜)(2022年)>

募集人数 16名

 

1/24(月)の志願者数 5名

1/25(火)の志願者数 15名

1/26(水)の志願者数 11名

1/27(木)の志願者数 10名

1/28(金)の志願者数 1名

 

合計 42名(最終倍率 2.63倍)

システム制御情報工学科(学力選抜)

<システム制御情報工学科(学力選抜)(2022年)>

募集人数 16名

 

1/24(月)の志願者数 3名

1/25(火)の志願者数 17名

1/26(水)の志願者数 16名

1/27(木)の志願者数 14名

1/28(金)の志願者数 1名

 

合計 51名(最終倍率 3.19倍)

物質化学工学科(学力選抜)

<物質化学工学科(学力選抜)(2022年)>

募集人数 16名

 

1/24(月)の志願者数 5名

1/25(火)の志願者数 27名

1/26(水)の志願者数 23名

1/27(木)の志願者数 5名

1/28(金)の志願者数 2名

 

合計 62名(最終倍率 3.88倍)

旭川高専の推薦選抜の出願状況・推移・最終倍率の詳細

機械システム工学科(推薦選抜)

<機械システム工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 24名程度(入学定員の60%程度)

 

1/6(木)の志願者数 10名

1/7(金)の志願者数 14名

1/11(火)の志願者数 5名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 29名(最終倍率 1.21倍)

電気情報工学科(推薦選抜)

<電気情報工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 24名程度(入学定員の60%程度)

 

1/6(木)の志願者数 7名

1/7(金)の志願者数 14名

1/11(火)の志願者数 3名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 24名(最終倍率 1.00倍)

システム制御情報工学科(推薦選抜)

<システム制御情報工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 24名程度(入学定員の60%程度)

 

1/6(木)の志願者数 9名

1/7(金)の志願者数 16名

1/11(火)の志願者数 2名

1/12(水)の志願者数 1名

 

合計 28名(最終倍率 1.17倍)

物質化学工学科(推薦選抜)

<物質化学工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 24名程度(入学定員の60%程度)

 

1/6(木)の志願者数 8名

1/7(金)の志願者数 13名

1/11(火)の志願者数 6名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 27名(最終倍率 1.13倍)

 

↓↓Google広告↓↓




苫小牧高専の一般・推薦入試の出願状況・推移・最終倍率の詳細(2022年)

苫小牧高専の一般入試(学力選抜)の出願状況・推移・最終倍率の詳細

<創造工学科(学力選抜)(2022年)>

募集人数 100名程度

 

1/24(月)の志願者数 124名
※推薦選抜で不合格となった志願者を含む

1/25(火)の志願者数 74名

1/26(水)の志願者数 46名

1/27(木)の志願者数 23名

1/28(金)の志願者数 3名

 

合計 270名(最終倍率 2.70倍)

苫小牧高専の推薦選抜の出願状況・推移・最終倍率の詳細

<創造工学科(推薦選抜)(2022年)>

募集人数 100名程度

 

1/6(木)の志願者数 47名

1/7(金)の志願者数 33名

1/11(火)の志願者数 14名

1/12(水)の志願者数 1名

 

合計 95名(最終倍率 0.95倍)

釧路高専の一般・推薦入試の出願状況・推移・最終倍率の詳細(2022年)

釧路高専の一般入試(学力選抜)の出願状況・推移・最終倍率の詳細

<創造工学科(学力選抜)(2022年)>

募集人数 64名

 

1/24(月)の志願者数 32名

1/25(火)の志願者数 64名

1/26(水)の志願者数 73名

1/27(木)の志願者数 34名

1/28(金)の志願者数 0名

 

合計 203名(最終倍率 3.2倍)

釧路高専の推薦入試の出願状況・推移・最終倍率の詳細

選抜方法:推薦

<選抜方法:推薦(2022年)>

募集人数 80名

 

1/6(木)の志願者数 35名

1/7(金)の志願者数 16名

1/11(火)の志願者数 5名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 56名(最終倍率 0.7倍)

選抜方法:特別推薦

<選抜方法:特別推薦(2022年)>

募集人数 8名

 

1/6(木)の志願者数 2名

1/7(金)の志願者数 1名

1/11(火)の志願者数 0名

1/12(水)の志願者数 2名

 

合計 3名(最終倍率 0.4倍)

選抜方法:自己推薦

<選抜方法:自己推薦(2022年)>

募集人数 8名

 

1/6(木)の志願者数 0名

1/7(金)の志願者数 2名

1/11(火)の志願者数 0名

1/12(水)の志願者数 0名

 

合計 2名(最終倍率 0.3倍)

★北海道高校入試おすすめ問題集★

道コンSS50対応問題集

 

 

 

学研の有名基本問題集『中学数学をひとつひとつわかりやすく。』をオススメします。

やさしい問題集ですが、復習テストまで完璧にしたら、道コンでSS50安定が望めるでしょう。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

例題→基本練習の順で3冊を最後までやって、仕上げに復習テストをやると、高い効果が得られます。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

道コンSS55対応問題集

 

 

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 標準問題集 数学をオススメします。

3冊やり込めば道コンでSS55安定、試験によってはSS60を超えることもあります。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

Step1(基本問題)とStep2(標準問題)のみを3冊最後までやってから、Step3(実力問題)→総仕上げテストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

道コンSS60対応問題集

 

 

 

高校入試に強い受験研究社の、中学 ハイクラステスト 数学をオススメします。

3冊やり込めば道コンでSS60安定、試験によってはSS65を超えることもあります。

図形・関数分野(入試の配点比率が非常に高い)→確率→資料の解釈→方程式の文章題の順でやると、早く確実に点を伸ばすことができるでしょう。

StepA(標準問題)をStepB(応用問題)のみを3冊最後までやってから、StepC(難関レベル問題)→総合実力テストの順でやると、効果が高いです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら

道コンSS65〜70対応問題集

 

 

塾技 数学100』と『瞬解60』をオススメします。公立トップ高を目指す子の多くがやっている、超がつくほど有名な問題集です。

『塾技 数学100』の全ての問題を根拠を持って理解し、手を止めずに解けるようになれたら、道コンでSS65安定、SS70も普通に望めます。

『瞬解60』まで行けたらSS70安定、試験によっては上位50番以内に入ることも十分あり得ます。

『塾技 数学100』の例題100問→『塾技 数学100』の実践問題→『瞬解60』の順でやると、無理なくやれるはずです。

 

>>5教科・偏差値別オススメ問題集一覧はこちら