もし私が中学生の親で、家庭教師に依頼するとした場合、アルバイトの大学生には絶対に頼みません。

 

大学時代に、家庭教師のアルバイトを不真面目にやっていた知り合いを何人か見てきたからです。

 

では、どう不真面目だったのか?

 

もう15年以上昔の話で時効だと思うので、ここで紹介します。

 

スポンサーリンク



不真面目なはなし

以下、大学時代の知り合いから聞いた不真面目なはなしを紹介します。

 

※ごく一部の人間のはなしです。大多数は真面目にやっていました。

生徒に問題を解かせて放置し自分はずっとケータイをいじる

生徒に問題集の問題を解かせておき、自分はケータイをいじって遊ぶ。

 

彼らは「家庭教師はケータイいじって金がもらえる美味しい商売だわw」と、周囲に自慢してました。

授業中に試験勉強をする

大学の定期テストの時期が近づくと、生徒に問題集の問題を解かせておき、自分はテスト勉強に勤しむ。

 

彼らは「授業中はテスト勉強をする時間だ!」と平気で言っていました。

 

この間、保護者の方は1時間4,000円以上の大金を払っていますが、そんなのお構いなしという感じでした。

 

それどころか、テスト勉強をしているのが保護者の方にバレて怒られたことに腹を立てて、愚痴を言っている人間もいました。

 

中には、保護者の方とケンカした強者(バカ者)もいましたね。

遅刻をして授業を早く終わらせる

大学時代で出会った人間を思い返して、大学生は無責任な人間が多いと思います。

 

家庭教師のアルバイトをやっていた知り合いも、その例に漏れず、無責任な人間が多かったです。

 

保護者の方に連絡を入れず10分くらい遅刻するのは普通。

遅刻したことを保護者の方に怒られて逆ギレするのも普通。

 

凄いのになると、遅刻して授業を早く切り上げていました。

授業料は規定通り徴収して。

頻繁にタバコ休憩

家庭教師のアルバイトをやっていた知り合いの中には、ヘビースモーカーもいました。

 

彼らは、授業中生徒に問題を解かせて放置し、頻繁にタバコ休憩をしていたそうです。

 

「家庭教師に行くとタバコの減り早くて参るわ〜」とぼやいていました。

 

スポンサーリンク



「このままでは不合格だ」と脅して多額の授業料をとる

中3の1月2月は、受験直前期です。

この時期は、生徒も保護者の方も、不安な気持ちになるでしょう。

 

これを悪用して、本当はこのままでも合格可能なのに、「このままでは不合格だ」と保護者の方を脅して、授業回数を増やしまくる人間もいました。

 

1人の保護者から、月に12万円以上(時給2,000円)稼いだと自慢していましたね。

 

ヒドいのになると、複数の保護者を脅して、1月2月にトータルで50万円以上稼いだ強者(バカ者)もいましたね。

威張る

私がいた大学は、そこそこ有名な国立大学です。

 

県に唯一の大学で、この県にいたら「〇〇大学様々」らしいです。

また、ここでの生活を振り返ると、この県は温厚な方ばかりでした。

 

それを悪用して、うさ晴らしに生徒や保護者に八つ当たりをして、威張る人間もいました。

 

「家庭教師のアルバイトは、生徒や親に威張ってストレス発散できる、美味しい商売」と自慢する強者(バカ者)もいました。

合格後にお礼をねだる

無事に生徒が高校に合格したあと、ご家庭に伺ってお礼をねだる人間が沢山いました。

 

この県の方は誠実な方が多く、ご家庭に行けば必ずお礼をくれたそうです。

 

少なくとも1万円、多い人は5万円くらいくれたそうです。

 

花束をもって家にいくとお礼の金額が上がると、知り合いから教わりました。

 

スポンサーリンク



不真面目だった人間の末路

以上、家庭教師のアルバイトを不真面目にやっていた人間を紹介しました。

 

ごく一部の人間のはなしですが、世の中を舐めきってますよね。

 

しかし、バチは必ず当たるものです。

 

家庭教師のアルバイトを不真面目にやっていた人間のほとんどが、留年したり就職後に悲惨な目に遭ったりと、しっぺ返しをくらっていました。

 

やはり不義理なことをするものではありませんね。

 

私は彼らのマネをしたらヤバいことになると直感的に感じたので、彼らを反面教師にして自分なりに真面目にやっていたつもりです。

 

まあそれでも、当時の指導のクオリティは、今と比べれば恥ずかしいレベルでしたが・・・。

真面目にやっていた学生は上昇した

先ほど紹介した不真面目なはなしは、ごく一部の人間のはなしです。

 

多くの学生は、家庭教師のアルバイトを真面目にやっていました。

 

中には、毎年のように、札幌北高校レベルの高校に合格させたりとか、プロ家庭教師顔負けの人もいました。

 

そして、真面目にやっていた彼らは、トヨタなどの超一流企業に就職したり、東大や東工大などの超一流大学の大学院に進学したりしていました。

 

私も彼らに刺激を受けて鍛えられ、家庭教師の指導スキルを磨いてきました。

 

今私がこうしてプロ家庭教師としてメシが食えているのは、彼らのおかげだと思っています。

私なら大学生(バイト)の家庭教師は絶対に頼まない

家庭教師のアルバイトを不真面目にやっていた、大学時代の知り合いのはなしをしました。

 

もし私が中学生の親で、家庭教師を依頼するなら、大学生家庭教師は絶対に頼みません。

裏側を知っているので。

 

大学生家庭教師に依頼したら、ハズレを引く確率が高くなると思います。

私がいた大学(そこそこ有名な国立大学)ですら、このザマでしたから。

 

大学生家庭教師に依頼することに不安を感じる保護者の方が多いみたいですが、当たっています。

 

もし家庭教師を雇うなら、プロ家庭教師を雇ったほうがよいです。

値段が高くなってしまいますが、ハズレを引いて金をドブに捨てるよりマシですから。

 

以上、私が見てきた不真面目人間のはなしでした。

当社に興味があれば初回面談の申込みを!

当社はこれまで、150名以上の生徒さんを、志望校に合格させてきました。

 

当社の授業料は「1時間1,500円+交通費」と、家庭教師会社の相場(1時間4,000円ほど)の半額以下です。

 

当社に興味を持たれたら、初回面談のお申込みを!